個人ブログは、皇室「是々非々」実録に移転しました。本サイトは、誰でも投稿できる皇室サイトに変えていきたいと考えています。


美智子さまは「今もキリスト教徒」 御所の地下に「秘密の礼拝所」



美智子さまはクリスチャン家庭に育ち、大学のキリスト教系の大学を卒業された。もちろん美智子さまも皇室に入られる前まではキリスト教徒であった。皇太子妃、皇后となられてから後に、どのような信仰をお持ちであったのか、度々議論になる。だが間近で見てきた者として、美智子さまは今も筋金入りのクリスチャンにしか見えないのである。その逸話を紹介したい。

美智子さまと信仰

美智子さまは昔も今もクリスチャンだ。それがこの記事で言いたい結論だ。結婚したというだけでそうそうに心まで改宗できるものでもない。今でもカラオケで歌うのはキリスト教の「聖歌」である。

買われるCDも、クラシックの宗教音楽が多い。お気に入りは、アヴェ・マリアであり、1年に5,6枚は買わているように記憶している。公務で能や雅楽を鑑賞される機会が多いが、それらのCDを購入されたことは私の知る限り一度もない。もちろん頼まずとも演奏家から能や雅楽のCDが送られてくるのだが、それらは開封されることなく地下倉庫行きとなる。

女官たちと合唱団を結成し、内内のパーティで讃美歌を披露されたこともある(1998年夏のこと、曲名は失念してしまった…)。皇室に入られてから、昭和天皇がご存命の間は、信仰を発露する術が限られていたので、女帝となってからその本領が発露されたように思う。思えば昭和の時代に「美智子さまのキリスト教信仰に昭和天皇が苦言を呈された」という報道が流れることがあり、その火消しに宮内庁は必死になったが、この必死さが逆に情報の真実性を力強く裏付けてしまったというのは皮肉でしかない。

ところで香淳皇后が亡くなられたとき、美智子さまはモーツァルトの「レクイエム」ディエス・イラ(怒りの日)を繰り返し掛けられていた。いろいろな想いがあったのであろう。(余談だが、美智子さまのお気に入りはカール・ベーム1971年録音版だ)

皇居は教会?

こんな逸話に欠かない美智子さまとキリスト教の関係。住まわれていた御所は、キリスト教の教会がイメージされていると噂されたが、「さもありない」というところだ。この御所の設計に美智子さまはあれこれ口を挟まれていた。

また、御所の中に礼拝室があったのではないかと噂が流れているが、実際そのような部屋がある。御所の西側は私室となっているが、そのなかでも北側の地下部分は完全プライベート区域となっており、年に一度女官が入れるかどうかというレベルだ。

だが、御代替わりに伴い御所(現、仙洞御所)から引っ越す必要が生じ、荷物の目録をつくるためにこのプライベート区域にも職員が入る必要が生じた。しかし、美智子さまはこれを執拗に拒んだ。その理由は簡単だ、ある一室の隅にキリスト教関連の書籍や十字架などが地下室に山と積み上げられ、さならがカテドラル(聖堂)のようになっていたのだ。

美智子さま曰く「独身時代に荷物をここに置いてままで、散らかってるの」だそうであるが果たして――。少なくとも私には秘密の礼拝室にしか見えなかった。

本地垂迹を熱心に勉強されていた美智子さま

私が美智子さまが未だキリスト教の信仰を捨てていないと確信する理由は、皇后となられてから「本地垂迹」(ほんじすいしゃく)の理論を大変熱心に勉強しており、ビックリするような発言をされていたからだ。

本地垂迹とは、「日本の八百万の神々は、実は様々な仏(菩薩や天部なども含む)が化身として日本の地に現れた権現(ごんげん)であるとする考え」(Wikipediaより引用)のことである。

つまり「天照大御神=大日如来」なとど解釈することによって、神道と仏教が矛盾なく共存できるようにした理論だ。外来宗教である仏教が布教先の現地宗教と混淆するにあたって、7世紀ごろの宗教家たちが考え出したものとして知られる。このような考え方が広く浸透したので、日本では長らく神道と仏教が併存できたのである。

美智子さまはこの「本地垂迹」を、とある「ご進講」で知られるや、これに大変な興味を持たれたようだ。「ご進講」に呼ばれた講師は、その後、お茶会に招かれるのが通例である。そのお茶会の場で、美智子さまはその講師に「本地垂迹は現代でもあるのでしょうか? たとえば神道とキリスト教との融和はどのようになっていますか?」と聞かれた。その講師(有名な歴史学者)は「そのような試みもございます。宗教多元主義的な考えでございまして、宗教は様々に存在するがそれぞれの宗教が持つ意味は同じであるというような理解がございます」と。美智子さまはさらに「その場合、キリストと天皇の関係はどうなるのでしょうか?」と問われ、講師は「天皇はキリストであるという考え方もございます」と回答すると、美智子さまは大変満足げに「では、キリストに祈るということは、実は天皇に祈ることと同じなのですね」と総括された。この総括に歴史学者は「そのような考え方もございます」とだけ答えた。

キリストに祈ることは、天皇に祈ることだからOK理論

私はこのお茶会の会話を傍らで聞いていて冷や汗が出た。というのも、美智子さまのキリスト教好きを知っていたからだ。

その数か月後、美智子さまは御所内での内輪のパーティで聖歌を披露されると「讃美歌を捧げることは、日本の神々や天皇に祈ることと同じなのよ」と仰った。

それからというのもの美智子さまは堂々と人前で讃美歌を披露されるようになった。そのような美智子さまの姿を拝して、私は言い知れぬ不安がこみ上げ来たのを覚えている。

そして、私の危惧は現実のものとなった。

美智子さまは地下室にカテドラル(聖堂)をつくっておいでだったのだ。 美智子さまのキリスト教信仰は今もない続いていると確信している。



111 件のコメント

  • 美智子様が祭祀を行われる時にもキリスト教が自分の中で脈打っている状態でなさっていたわけですね。
    時には祭祀のお服が着られた様子も無かったと神道関係者からのリークを見たことがありますが、本当だったのかもしれませんね。

    大嘗祭のしきたりを変え、前もって参列者に見えるように、まるでコスプレファッションショーのランウェイのようになさったのは、伝統破壊の一つだったんでしょう。

    つい最近も雅子様は祭祀軽視で宮内庁職員から冷たい視線とありましたが、それはむしろ美智子様に投げかけるべき視線ではなかったんでしょうか。

    私は神道信者とは言えない普通の日本人ですが、このような欺瞞が蔓延っていたなら、それこそ問題だと感じます。

    118
    3
  • 熱心なキリスト教信者であり、皇太子妃、皇后を経て、上皇后という立場でありながら、神道に曲がった行い、自分より優れた者には酷い仕打ちをし、私利私欲まみれ。
    慈愛の顔など表向きだけ。
    キリスト様も泣いておられることでしょう。

    127
    2
    • 実も蓋もない話で恐縮ですが、宗教は個々人の欲や希望の反映に過ぎません。
      それが個人レベルなら信仰と呼ばれ、金が絡めば宗教(ビジネス)です。
      権力欲を反映すると、巨大なカテドラルを作り出し、美意識を反映すると宗教画になったりするわけです。

      美智子がキリスト教なのは彼女にとって合理的だからでしょう。
      「十戒」を破る快感とそれを懺悔(パフォーマンス)することで浄化されるご都合主義にぴったりだから、でしょうね。(決して一般の方の信仰を揶揄しているのではありません。お気を悪くなさらないように)

      以上は私の個人的な考えです。子供の時キリスト教会に通っていましたが、あの十字架にぶら下がっているオジサンに祈ると全てが良くなるなら、何も苦労しないわい、意味わからんと思ったものです。子供だましにお菓子で釣っているのもイヤでした。

      2
      1
  • そういうことですか。

    キリスト教と神道では宗教自体違う。
    皇后陛下が祭祀の作法が完璧だったとどなたかが言ってたけど、女帝さまは宮中祭祀をやりたくなかった。けど、負けず嫌いの女帝さまは皇后陛下が祭祀の作法を完璧にやってみせたことで、皇后陛下の祭祀を止めさせ、皇后陛下が祭祀は嫌いだとかの報道させた訳ですか。
    真面目で勉強熱心な皇后陛下が祭祀をお慎みになった理由がやっとわかりました。
    だから、皇居から引っ越せないんでしょうね。あるはずのものがなく、ないはずのものがある。
    それを知られたくなかったから。

    120
    2


  • 美智子さまがキリスト教というのは、やはり、という感ですが、地下にそのような秘密?の場所を作っておられる事を上皇はご存知だったのでしょうか?また、知っていて黙認されていたのでしょうか?

    美智子さまが、どうしてあんなキテレツなマントを好んでいつもお召だったのか。
    来日するローマ法王を見ると理解できますね。今回の38年ぶりの来日に天皇陛下との会見があるとの事ですが、私は密かに美智子さまはお会いになられるのではないかと思っています。

    皇后雅子様の祭祀に苦言を呈してきた方達は、懸命に祭祀をしている(アピール)が、実はキリスト教で形だけだった美智子さまをどう思うのでしょうか?

    キコさんと言い、美智子さまと言い・・・本当の人柄がわかる悲しくなる実話ばかりで・・・だからこの二人は気が合ったのだと合点がいきました。

    益々令和の天皇ご一家を応援したいと思いました。

    109
    2
    • >美智子さまがキリスト教というのは、やはり、という感ですが、地下にそのような秘密?の場所を作っておられる事を上皇はご存知だったのでしょうか?また、知っていて黙認されていたのでしょうか?

      普通の夫婦でも、相手に愛情があれば、見て見ぬ振りをします。
      しかし、ここにたどり着くまでに、何度も言い争いはあったと思います。

      57
      2
  • キリスト教といっても、学歴から推察するにカトリックですよね。
    礼拝所を作るほどご熱心なのに、おふるまいはカトリック信徒とは思えないことばかり。
    慈愛も、カトリックの象徴であるマリア様をイメージされての演出かと思いますが、
    本物の信徒の方々は、お心持が全然違いますよ。

    94
    2
  • ●小内誠一さま
    勇気ある、覚悟を決めたブログ開設・更新に敬意を表します。小内さまなど側近しか知り得ない大変貴重な証言の数々に、毎回驚くばかりです。噂が噂でなかったことや、皇后雅子さまへのいわれなきバッシングの裏側が裏付けられようとしています。

    どうかくれぐれも小内さまご自身の身の安全をはかっていただくようお願いいたします。

    昨年から今年にかけ、今上天皇陛下ご一家を慕うブログが次々と突然閉鎖され、跡形もなく消え去りました。各ブログ主さまは大変な脅しを受けたそうです。「宮●庁から閉鎖の要請を受けています。対策として別ブログを立ち上げました」と、しばらくの間、新旧ブログを並行して更新していたブログもありましたが、ほどなく2つとも強制閉鎖させられました。

    ●SNSに詳しい方へ
    重要な記事・部分を(どれも重要ですが)、逐一、スクリーンショットを取って拡散するなど、小内さまのブログが万が一、強制閉鎖されてもネット上に残るようご協力いただけませんか。

    本ブログを支持、応援します。真実が一つひとつ明らかになり、健全な皇室を取り戻し、敬宮愛子内親王殿下が天皇陛下の継承者となることを強く希望します。

    106
    1
    • 今上さまの「人格否定」発言から美智子様に疑問を持って、北風が吹く東宮応援ブログにコメントしてきたものです。
      壮絶で陰湿ないじめに合われた雅子さま、このブログで書かれた雅子さまに末席にしか席は無かったのはまだ笑い飛ばせる苛めだったと思います。
      あの強靭(忍耐強い)雅子さまが病まれるのは誰もが信じられない様な陰湿な物であったと思います。
      聡明な雅子さまなら普通の人が見過ごすようなことまで色々お感じになったと思います。
      もう美智子さまは少し童におなりになってきたようですが、紀子様はいっぱいアンテナを張られると思います。
      あの方は8*3並のハラスメントが有ります。

      事実を淡々と語られていますが、それと並行に天皇ご一家の素晴らしい話をお聞きしたいものです。
      これなら今上さまの足を引っ張る勢力も文句は言えないと思います。
      いっぱいあり過ぎて書き続けられないのであればご出版を希望します。
      大手の出版社が引き受けないのであれば、クラウドファンディングで皆様に出資して頂く形では如何でしょう。
      旧東宮ご一家のほのぼのとしたお話は本当に心が癒されます。
      この生き辛い世の中、今上ご一家のお話は心が洗われますから

      77
      1
    • 古典的ですが、ネガの残る写真やポラロイド写真も役に立つ時が来るかもしれません。
      一番小細工できない画像でもありますから。

      50
      1
    • ご提案ありがとうございます。
      ブログは閉鎖されていませんが、秋篠宮家擁護(というか、今上天皇一家をディスるといったほうが正解か)のブログでも更新が途絶えてしまったものがいくつかありますね。
      あの勢いはどこへ行ってしまったのか…という感じです。

      45
      1
      • 菊ノ門ニュースも、紀子さまに関する都合の悪い過去記事が消されて行っています。
        時間の問題かも知れません。

        個人的なお願いとしては、小内様のこのサイトも早晩消される可能性が高く、出来ましたら、小内様が宮内庁に勤めていく内、愛子様を天皇にと思われるに至った経緯を早めにしたためて頂けますと、読者としては有り難いです。

        55
        2
  • 若い女性であった美智子様が、民間から見れば未開の異世界である皇室にやってこられ、神道の総本山で、キリスト教の信仰を貫き通すことが出来るものでしょうか。
    雅子様のような頭脳明晰・心身健康な方でさえ、男のお子様が出来ないという皇室の型から外れてしまったことで、ご夫君の天皇陛下が一身にお守りになっていたとはいえ、ここまで長年病まれました。
    美智子様が心の疲れでご静養されたのは、第2子目のご流産の時期だけでした。
    美智子様がその信仰を貫きたいと思ったとしても、キリスト教など皇室の型から外れたどころじゃありません。雅子様の男児が生まれないと同等の大バッシングですよ。
    やはり、美智子様がこっそりと信仰活動を行い続ける気力と環境をサポートしていた人がいると思います。
    どちらにしても、美智子様こそ、心の治療の必要な方です。
    ・長年の魂の柱・矜持であるキリスト教の信仰活動を、こっそりと何十年も行ってきたストレス。
    ・家の外では「才色兼備・質素で清らかな慈愛の聖母」を演じるストレ ス。いくら好きで演じていたとしても、精神的疲労は大きいです。
    ・天皇陛下からの愛と信頼で得た絶大な世界レベルの権力を使用する高揚感とそれに伴う精神的疲労。
    書いていて、恐ろしいです。
    雅子様は、美智子様のストレスの格好のはけ口だったわけです。こんな大きなストレスのはけ口にされたら、避けられません。
    もう美智子様は年齢的にも老人特有の症状もないわけがありません。心の治療が効くかどうかもわからないし、まず、お受けになることはありません。美智子様を守り、皇室を守り、日本を守るためにも、だただた隠居となるように周りが調節するしかないと思います。
    上皇職まで美智子様と同じ精神状態ではないでしょうから、上皇職がこの穏やかな隠居の調節をする立場です。上皇職も美智子様のような精神状態であれば、どんどん人事で移動または退職させ(雇用延長の年配職員もいると思います)、適切に皇室と日本を守る職務が出来る人で固めるべきです。

    41
    2
    • 宗教の話が出てくると、いろいろと個人的なディープゾーンに触れてくるので、つい感情論になりがちですので、注意する必要があると思います。
      ありがちなのは、〇〇教徒はそんなことはしない、とか善人なはずだ(なぜなら自分がそうだから)といった論調です。お気持ちはわかりますが、せっかく小内さんが意を決して暴いてくださった「秘密の聖堂」の意味合いからずれてしまうのではないでしょうか?

      美智子がキリスト教徒であろうがなかろうが、彼女の根本的な「タチ=性質」は、変わりません。
      ・嘘つき、傲慢、浪費家、見栄っ張り、性的に奔放
      など、について同じキリスト教徒だから・・という感情的な論旨で理解するのは、いかがでしょうか。

      つまり理解のしかたを、根本的に変える必要がある、と思うのです。
      なぜならこのような特殊な立場、かつ特異な人物は、本当に珍しいのですから。
      知る限り、過去にほとんど例がありません。
      戦後、復興、高度成長期、IT化などの時代背景も特殊なのです。
      また、様々な偶然や必然が複雑に絡まっているので、つい「陰謀論」で理解したくなりますが、そんな安易なものでは無いようです。たとえば、

      清純な乙女 ⇔ 奔放なアバズレ
      出自・由緒正しい ⇔ 戸籍を金で買った
      大金持ちの実家 ⇔ 税金を食い尽くす贅沢
      いじめられ傷つく健気な嫁 ⇔ マスコミ悪用し印象操作

      等々、一般市民の理解を超えるものばかりですね。

      美智子一人でできることでもなく、まだまだ闇から重要人物がわいてきそうですね。
      ブログの再開を期待しております。

    • 美智子様から香るキリスト教の気配を正すお立場の方は誰か。
      香淳皇后です。姑ですからね。
      美智子様の香淳皇后からイジメられたという感情は、この信仰の否定からくるものかもしれませんね。
      美智子様の女官がご注意してもお辞めになる気配が無ければ、当然香淳皇后に話が行き、皇后としての役割の一環として、皇太子妃であった美智子様に何度もご注意されたことでしょう。
      美智子様からすれば、生きる拠り所である信仰の改宗強制は、非常に大きな苦しみであったと思います。美智子様にとり、香淳皇后は宗教戦争の大敵でもあったわけですね。
      どうりで美智子様の天下になったら、宗教敵の使用品・住まいなど、取り壊して捨て、更地にしたいはずです。
      もう美智子様が悪い云々の話ではなく、最初からここまで宗教の違う方を皇室の、それも天皇家の配偶者にしちゃ駄目でしょ。
      どちらも不幸ですよ。
      だから美智子様もご自分が悪いと思えず、ご自分が殉教者だと思い込まねばやってこれなかった。

      32
      5
      • 「ディエス・イラ」を繰り返し聞いてみましたが、なかなか、静かな気持ちにはなれませんね笑
        穏やかだった気持ちが、何だか不安定にさえなってきました。
        美智子様はやはり健康な精神状態じゃありませんよ。
        美智子様はご自身を神(キリスト教)の使徒と思い、お出ましされたり、皇室内の事を仕切っていらしたのですね。ご自分に従わぬものは、神の意志に従わぬものとして、それはそれは相手に天罰をお与えになりたくなり、また天罰として手を下されて来たでしょう。皇室・天皇家という日常生活が現人神(神道)としての扱いをされるため、余計に恍惚のトランス状態に入りやすかったと思います。
        美智子様と深く近しい交流のある方は、キリスト教徒の同志だったからこそ、美智子様は慰め励まされ、深くご交流されたのですね。神道の総本山たる皇室で、キリスト教信仰を隠れキリシタンとしてではなく、何とか表面化したいというお気持ちがあったからこそ、本地垂迹にこじつけ、キリスト教信仰に皇室内で日の光の当たる場所で堂々と信仰したかった。
        この美智子様の精神状態を利用して皇室利用に繋げ、利益を得ているヤカラがいますね。敬虔なキリスト教徒であろうと、付け焼刃の似非教徒であろうと、お嬢様育ちで世間知らずの美智子様には、お分かりにならないと思います。

        27
        2
      • 何故、美智子様が秋篠宮家への皇統を望むのか。
        キリスト教徒の天皇を即位させることが出来るからです。
        こんなチャンス、長い皇室の歴史中で、過去にも未来にもなかなかありません。
        今まで様々な方が「美智子様の秋篠宮家びいき」の理由を考え
        ・優秀な長男よりも、出来の悪い二男が可愛い
        ・優秀な雅子様よりも、ご自分よりも劣る紀子様が可愛い
        ・秋篠宮さまが美智子様の実子でないことを永劫に隠せるため
        ・初孫が可愛い
        ・男児の孫が可愛い
        等々、噂してきましたが、キリスト教徒に皇統を移したい、ということが一番しっくりします。最愛の徳仁天皇一家は異教徒と思えば、美智子様には愛情を感じられなくなってしまった。やはり深い精神的な疾患を患われて来たのだと思います。何十年も。秋篠宮家の紀子様・眞子様・佳子様・悠仁様が、美智子様から利益を得るための形ばかりのキリスト教徒であったとしても、美智子様には同胞のキリスト教徒でしょう。
        だから、秋篠宮さまと悠仁様がご即位が難しい状況であるのなら、眞子様を女性宮家を作り、即位の可能性を作り、眞子さまのお子様への皇統を望むわけですね。キリスト教徒の繋がりで。
        信仰ばかりは、ご夫君である明仁上皇様も、実子の徳仁天皇陛下でも、考えを変えさせることは難しいと思います。
        『ディエス・イラ』
        キリスト教信仰の邪魔をするものは地獄へいくのだ、という強い意志を感じます。異教徒の実子を地獄に落としても、同じ宗教の他人の繁栄を願う。
        美智子様なりに、秋篠宮家に皇統を移すことは、人生をかけた希望で、力尽きるまで尽力されると思います。命が尽きる寸前に信仰を改宗されるなんてありえませんからね。

        39
        2
    • 上皇陛下が生前退位を決断された理由の一つに女帝さまからのストレスもあると私は思います。
      女帝さまは目立ちたくて仕方ないお方。そのお方に振り回されることにお疲れになったのだと思います。

      42
      1
      • おっしゃるとおりですね。

        >美智子さま「姑には皇居から出て行って欲しい」と漏らして、珍しく「夫婦喧嘩」

        の記事からもわかっています。
        明仁天皇は、美智子様への深い信頼・愛情があっても、キリスト教の影響だけはお受けにならなかったと安心できる記事です。天皇家の嫡男として、譲らないことは譲られなかったのです。
        美智子様も、布教は幼少の頃からの方が効果のあることは十分ご存じだったはずで、皇太子徳仁様のご幼少時からキリスト教のお話はされていたでしょうが、さすが天皇家の嫡男で、諸々の環境面からもキリスト教の影響は受けなかった。そこで紀子様・雅子様・眞子さま・佳子様ですよ。紀子様は初めは「あー、ハイハイ。」と右耳から左耳に流して聞いていたキリスト教の話を、雅子様への対抗心から美智子様との絆を強めることに使えるとお気づきになった。美智子様の元へせっせと小さな眞子様・佳子様を連れて、美智子様のキリスト教談話を聞く機会を作れば、さぞかし美智子さまの慰めとご満足につながった事と思います。
        そこでICU入学ですよ。
        雅子様は早くの段階で「皇室として、この考えっていいの?何かが違う・・・。」と思われ、紀子様親子ほど、熱心でなかったことでしょう。
        そりゃあ、美智子様からすれば紀子様、特に眞子様・佳子様を幼き頃からのキリスト教徒と思えば、かわいくて仕方がありませんよ。孫を超えて、信仰を共にする同志ですからね。
        愛子様は異教徒とお考えになれば、孫の中でも差がついて当然です。

        45
        1
    • 雅子様が適応障害で医師の診察を受けられたとき、
      「治療が必要なのはこの方ではなくて他の人だ」とその医師が言ったとか。
      私は、それが美智子さまだったと思っています。

      69
      1
      • 14:20様
        天皇陛下を教育されたのは昭和の陛下と浜尾氏です。平成夫婦の悪影響をとことん避けるようとりはからっていますよ。

        55
        1
      • 美智子様は根は善人と断言できます。何故なら、お子様の徳仁様がその証明です。美智子様が3人のお子様の中で最も愛された方。お子様への愛を見失うほど孤独であり、お辛かったから、キリスト教信仰が生きるための命綱となられた。そして心を深く病み、遂には徳仁さまへの愛よりもキリスト教信仰を優先されるほど、孤独・不安・女優の演技・高揚感・極度の精神的疲労・老いで錯乱されてしまった。
        美智子様が善人と現在の回復不能の心の病となられる境目の時期に、おそばで美智子様を励まされた方の作為により、皇室全体が不幸になってしまったと思います。

        2
        48
      • 私も美智子様か紀子様のどちらかであろうと思っていましたが、今は美智子様だと思っています。
        紀子様など、美智子様次第でいくらでも抑えられますからね。

        43
        1


  • それは振舞い、佇まいからわかります。日本ではない。
    キリスト教を否定はしないが、日本の皇室は神道。
    日本の伝統精神・文化を破壊されている日々は、心が破壊される苦しいものでした。
    例えばイギリスが、イギリス国教会を外戚の異教徒が引っ掻き回していたら、国民は当然信頼しませんよ。
    それを当然としていたこと、さらに皇后になれば何をしても許されるとの精神(驕り、支配欲)は、国民への裏切りです。隠しきれてはいないところは、驕りゆえであるのは哀れなことです。
    その最たるものとして、雅子様が神道を蔑ろにしているかのような記事がよく出ます。
    雅子様こそ母方は神道、父方は仏教。
    さらに国家のために生きてこられた家系に対して、酷い風評の仕打ちをなさいました。私は雅子さまのご両親が生きていらっしゃるうちに、静かに耐えてきたことから少しでも解放されてほしいと願っています。そして敬宮様のご成人を、曇りのない平和の中で祝福される世になって欲しいです。
    それを見届けていただきたい。

    56
  • これだけ熱心にキリスト教を信仰してるわりに
    ローマ教皇に謁見した時には黒服でない上ベールを被っていないのが不思議
    キリスト教徒ではないけど教会で結婚するようなファッション感覚に近いのかもと思いました
    洋風のものがオシャレで和風はダサイという感覚の人も年配の方には稀にいますし
    本当に信仰心が強いのならばもう少し周りに優しく出来るのではないかと思ってしまいます

    44
    1
    • 法王にあうとき白の服であえるのはカトリック国の皇后と王妃 のみだとか。
      実は美智子様は皇后だけれど、心はカトリック教徒ですということをローマ教皇に知らせたかったとか?

      29
      3
  • 敬虔なカトリックの美智子さんがよくもまぁ当時から報じられていた〇胎疑惑のあった紀子さんを溺愛した次男の嫁として許可したのですねぇ
    カトリックはキリスト教の中でも特にそのことには厳しいはずですが
    当時からグレースケリーなのコピーばかりしていたので、意外と白人コンプのなんちゃってクリスチャンだったのかもしれません

    45
    • 孫はプロテスタントのICU。
      大好きな英国はイングランド国教会。
      出身校はカトリック。
      キリスト教のことを本当に理解しているとは思えませんね。
      要は何でも自己流解釈のご都合主義なだけです。
      そのために税金使って地下に自己満足のための礼拝堂ですか?
      皇室から出ていってほしいです。実家の資産で皇居内を本来の姿に戻すようはからってください。損害賠償請求したいです。

      60
      1
      • >孫はプロテスタントのICU。
        大好きな英国はイングランド国教会。
        出身校はカトリック。
        キリスト教のことを本当に理解しているとは思えませんね。
        要は何でも自己流解釈のご都合主義なだけです。

        おっしゃるとおりです。
        しかし、美智子様ご本人は純粋に信仰されているからタチが悪いのです。仏教徒でお釈迦様を信じているから浄土宗・禅宗・日蓮宗とどの宗派でもお釈迦様の教えなら仲間、と言ったところだと思います。
        しかし、宗派の違いは解釈の違いでもあるので、あながち間違っているわけでもないと思います。
        私がお伝えしたいことは、とにかくどんな宗派でも、キリスト教系なら大好き、という事でしょうね。

        30
        1
  • 結論から
    まずは上皇ご夫妻には速やかに高輪にお移りいただきそこに生涯お住まいになる。
    赤坂仙洞御所は作らない(ここにもカテドラルを作る可能性があるため)
    天皇皇后両陛下のお住まいをどのようにするか、早急に話し合う必要があるのではないでしょうか?
    批判はその後でじっくりされたらよろしいかと。

    40
    1
    • 同意いたします。せっかく遅れている赤坂のリフォーム,しばらく凍結して使い途を考えた方が良いと思います。
      高輪には行かれたら、オリンピック前なのでリフォームに時間かかるとか言って引き伸ばしましょう。

      35


  • クリスチャンとは、とても思えませんけれどね。十戒をまったく無視ですもの。
    もし本当にカトリックなのなら、きちんと告解されるべきです。
    いっそのこと、いまから皇室離脱されて、カトリックの荘厳なご葬儀をされてはどうでしょうか。ご本人の心の安定のためには、それがいいと思います。

    赤坂御所の改装の請負業者が、ステンドグラスの入った礼拝堂のような場所の依頼を受けているそうですが、その噂の信憑性が高まりました。

    平成の間、教皇が日本を避けていらしたこと、その意味をしっかりと考えていただきたいと思います。

    41
    • 別に、礼拝堂を作るならステンドグラスが無いといけないわけではないのですよ。しかし、あえてステンドグラスを、と判断するところが底の浅さと信仰心の強さのアンバランスさで、現在の美智子様の迷走があるわけです。
      もっと質素に、それこそ美智子様のお部屋の一角に聖なる絵と十字架を一つづつ飾り、そこを祈りの場としても良いのです。こういう選択をする女性であったなら、キリスト教徒であっても、雅子様いじめは行わなかったはず。

      46
  • 以前退位が決まった時に,何処かの新聞社の記者が正田家と懇意で,婚約後?当時の皇太子殿下に差し上げる写真でのは美智子さんのベールの被り方がいかにもカトリック教徒なので『こんな写真出さない,私は神社じゃないのに』と,その記者の前て泣き伏したと述懐してもいました。大嘘じゃない❗️
    それにキリストと天皇が同じというのも違うと思います。質問された方は歴史学者との事,答えを求めるに相応しい相手とは思えない出すが。美智子さんがキリスト教信者でも構わないですが、聖書のも言葉には『こんな小さな子供(1番下の者という意味)の中にもキリストはいる』という言葉があら、例えその身はキリスト教徒でも天皇に仕え,夫に仕え,他人に仕えるなら神道を受ける捧げても許されると思います。
    人はそんなに単純ではなく香淳皇后との事は美智子さんにしか分からない事もあったでしょうが,モーツァルトのディーエス,イラを聴き流した話は凄い。
    そういえば,今月25日,ローマ法皇様がいらっしゃいますね。この方については何も言えないくらい、凄い(呆れる)❗️

    ブログ主様,以前のも方も多いおっしゃっていたように、何か残す対策を考えてみましょう。これは貴重な証言です。

    19
    1
    • 真実はたとえ「菊のカーテン」の向こうの秘め事であっても、後世に伝え残すべきです。
      ネット上だけでなく、紙にして残せるものなら残して欲しい。
      (書籍化希望です)

      26
  • たびたび失礼いたします。先程投稿した者です。訂正させて頂きます。結婚前の写真についての美智子さんの発言『こんな写真は出せない。私はキリスト教信者ではない』でした。文字のも間違いですが、読みづらいですね。

    こちらのブログの今までの内容を,一応カメラで撮影いたしております。閉鎖されずに残される事を願っています。

    17
    1
  • 世界的にも一番歴史のある日本一の旧家に嫁がれたのにとんでもないことをされていたのだなと恐れおののきました。宗教の事はよく存じませんが、宗教というものは排他的で他の宗教は一切認めず我こそが真の神だという原理主義的思想を含んでいるという印象ですし、それは宗教の対立による戦乱が遥か昔から今尚続いているということからも明白です。(日本の八百万の神という考え方は世界的にも珍しいものではないでしょうか?)
    美智子様のなさっている事は日本国に対する背信行為であり、美智子様が最も信奉心酔するイエスキリストをも侮辱する行為ではないでしょうか?
    何より心が痛むのは
    >香淳皇后が亡くなられたとき、美智子さまはモーツァルトの「レクイエム」ディエス・イラ(怒りの日)を繰り返し掛けられていた。いろいろな想いがあったのであろう。

    この下りです。どのような解釈かは分かりませんが、怒りの文字からはマイナスの印象しか受けることができません。生を終えられたのですからクリスチャンとして赦すという心持にはなれなかったのでしょうか?

    17
    • そこが、悲しいかな美智子様の底の浅さです。
      クレバーだがワイズではない、ですね。
      しかし、キリスト信仰は狂信・盲信系。
      ご自分の欲を離れることに重きを置かず、神にひたすら縋り、振り向いてほしい。

      20
      1


  • >美智子さま曰く「独身時代に荷物をここに置いてままで、散らかってるの」だそうである

    独身時代とゆうことは、「東宮妃になる時に実家から持参したもの」と解釈してよろしいですね?

    「美智子さまはクリスチャンなのか?」とゆう話は、皇室会議でも俎上に載せられました。
    「正田家はクリスチャンであるが、正田美智子嬢もクリスチャンなのか?」
    その回答は「洗礼は受けていないからクリスチャンではない。」でした。

    しかし正田美智子は聖心女子大で「クリスチャンでなければ演じる資格の無いマリア役」を演じており、その証拠写真も残っています。
    さらに婚約前に新聞記者に撮らせた写真は、クリスチャンでなければ持っていない「マリアベール」を正田美智子はかぶっていました。

    そもそも正田富美(のちに富美子と改名)が新聞記者に「うちは日蓮宗でしたが、カトリックに改宗しました。」と言っています。
    カトリックは強烈な一神教です。親がカトリックなら子もカトリックにさせるはずですから、正田美智子もカトリックであると考えるほうが妥当です。

    >美智子さまは、「では、キリストに祈るということは、実は天皇に祈ることと同じなのですね」と総括された。

    以前から囁かれている話として「キリスト教と皇室崇拝をミックスさせている某宗教に美智子さまが興味を示されており、その信者に手紙を書かれた。その手紙は布教する時に利用されている。」とゆうものがありますが、小内さんの話を総合すると、(根も葉もない噂レベルではなく事実に近いのだろう。)と思えてきます。

    29
  • 香淳さまが崩御されたときに「怒りの日」を?
    凄い趣味ですね
    あの時代でも皇室だからCDでしょうか
    アナログ盤だったら何度も何度も針をのせるわけで
    気持ちを考えたら恐ろし過ぎますね

    でも神道であろうとキリスト教であろうと
    美智子さまは神の御心とは対極をなすおこないをなさっているようにしか思えません
    キリスト教の雰囲気が大好きなご自分教の教祖といったところでしょうか

    33
  • <香淳皇后が亡くなられたとき、美智子さまはモーツァルトの「レクイエム」ディエス・イラ(怒りの日)を繰り返し掛けられていた。いろいろな想いがあったのであろう。

    亡くなられたときに【怒り】がつく曲…選曲に悪意を感じるし、この人には、人を赦して慈しむ心はないのだなと。キリスト教への信仰心もの良い部分だけだろうと感じてしまう。

    どこまでも天皇家の妃になるには、ふさわしくない人だった。

    34
    • 入力ミスしているため訂正…

      <キリスト教への信仰心もの良い部分だけだろうと感じてしまう。

      キリスト教への信仰心も都合のの良い部分だけだろうと感じてしまう。

      17
    • 怒りの日の歌詞はこんなふうです。↓
      そして短調の怖ーい曲です。

      怒りの日、その日は
      ダビデとシビラの預言のとおり
      世界が灰燼に帰す日

      審判者があらわれて
      すべてが厳しく裁かれるとき
      その恐ろしさはどれほどだろうか

      こんな曲をお別れの日に流し続けるって、美智子様の怨念はすさまじいですね。
      今でもイジメられたドラマを再放送までされるくらい。

      25
      • 恐ろしい内容の歌詞ですね。
        こんな曲を流し続けるほどの執着心…やはり慈愛とは対極にいらっしゃる。

        27
  • まる様
    令和の天皇ご一家を守りたい様

    ご提案 ありがとうございます。
    私も全く同感で、
    ①記事をスクショ
    (スマホでは大容量の保存は不可なので)
    ②それをメールでパソコンに送り
    (スクショ10枚位は1回で送信出来ます)
    ③パソコン本体とハードディスクドライブ(バック
    アップ用の機器)の両方にダブル保存を検討して
    おります。

    ※スクショの方法はスマホの『機種名』と
    『スクショ』を入れて検索して下さい。

    12
    • 匿名さま、
      一般コメントにも書き込んだのですが「ウェブ魚拓」というものがあります。
      無料で、このブログのURLをコピペするだけで、そっくりそのままこのブログのコピーを作ることができます。
      (画像やテキストはもちろん、コメントも魚拓取得時点のものまでは残せます)
      勝手ながら今日までの記事は全て魚拓を取り、私の手元に残しております。
      興味がおありでしたら「ウェブ 魚拓」等で検索してみてください。

      12
    • 匿名さま
      さっそくありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。わたしはSNSをやっていないのですが、できる限り匿名さまの方法でデータを保存しておきます。

      SNSをなさっている読者さまたち、どうぞよろしくお願いいたします。

      紙媒体での寄稿、発売ももちろん希望いたします。

      12
      • 私も同感です。出来るだけ残るようにしてみます。

        13
  • 天皇陛下は現人神ではもうないし、八百万の神様も日本人に根付いてはいます。
    しかし皇室は日本で最高の神主さんなんだから〜。

    ホテルの結婚式場の神父さんや神主さんだと今ひとつ本物?って感じがして、教会や神社でお祈りやお払いしてもらった方が効き目ありそうなのは、それが別々の空間でそれぞれのプロが祈ってくれてるからですよね。なんだかごちゃ混ぜだと全くご利益なさそうなんですが。。

    11


  • ブログ主さま、はじめまして。
    勇気ある数々の告白、興味深く拝見しております。
    すでに多くの方が懸念されているとおり、皇室の真実に迫るブログやYouTubeチャンネル等が次々閉鎖されていることを踏まえ、このブログも閉鎖に追い込まれないか心配しております。
    その対策の一環として、勝手ながら私のほうでウェブ魚拓を取らせていただきました。
    (興味がある方は「ウェブ魚拓」で検索してみてください)
    今後も更新のたびに魚拓を取らせていただこうと思っております。

    また、これは余計なお世話かもしれませんが、ツイッターで過激な方に絡まれても相手にされないのが一番かと思います。
    こちらの精神が削られるだけだと思うのです…。

    今上天皇皇后両陛下と敬宮愛子様のご健康と、敬宮様の立太子を願う者より。

    14
    • にんげんさま
      ウェブ魚拓なるもの、初めて知りました。
      こんないい保存方法があるのですね。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      • まるさま、

        お返事ありがとうございます。
        雅子皇后陛下のエピソードなどもぜひぜひ教えていただきたいので、このブログが長く続くことを願っておりますが、念のため情報を保存することは大事ですよね。

        12
  • 皇族である眞子さま・佳子さまがよりによって国際基督教大学を選んだ時点で、美智子さまの息がかかっているんだろうとは思っていました。
    優秀な成績であるという噂さえ聞こえなかったお二人が、ICUに入れるさえ不自然でした。
    それにしても・・いままでたくさんの噂レベルの話を聞いてきましたが、ここまでだったとは驚きです。まさにやりたい放題ですね。きっとこのようなお話はマスコミも知っていたはず。それでも報道されなかったのは女帝の力のなせる業。そして雅子さまのことはあることないこと報道されたのも、きっと女帝のなせる業だったのでしょう。
    上皇后がご存命の間に、これらの行いがもっと知れ渡りますように。このような行いは必ず罪として認められるべきだと思います。

    31
    1
  • 貴女の信仰は私利私欲を達成するための道具なのですね。
    キリスト教徒でありながら神道である皇室に嫁ぎ、皇居の中に異教の神を祀っている。
    イエスは信仰の為に十字架に架けられたというのに、見せかけだけの祭祀を、よくも今まで平然とやってこれましたよね。信仰心を持つ全ての人に対して、限りなく馬鹿にした振る舞いどす。
    間違いなく、天国への門はくぐれないと思われた方がいいでしょう。

    21
  • 美智子様はキリスト教徒であることを隠しておられる間に、その教義はご自分に都合のよいように変化していったのですね。
    ところで、香淳皇后様から譲られたはずの皇后陛下の三連のダイヤモンドのネックレスが、平成の間についぞ見かけなくなってしまいました。
    雅子様に渡ったのは2連です。
    もしや美智子様は3連のうちの1連をロザリオに仕立てておられるのではないでしょうね?

    21
    • もしそうなら、国の物を私物にしていますから横領というより窃盗です。
      皇后の三連ネックレスのうちの一連の行方を知りたいですね。
      それから、皇后のティアラが平成からカチューシャ仕様になっています。平成のおかしな付け方が海外で嘲笑されていなければよいのですが。
      幸い現在の皇后陛下は素材がよろしいのでどんなものでもお似合いですが。

      24
      • 私もずっとネックレスの1連を心配しています。
        当初は単なる物欲から、お気に入りだから渡したくないのだとおもっていましたが、キリスト教の話により、「異教徒の財宝など、その異教徒がもっていればいるほどその宗教の権威付けとなるから、散財した方が良い。それこそ、キリスト教徒の宝とすることが相応しく、神もお喜びになられる。異教徒に伝えるくらいなら、同胞に譲るべし」くらいに思って、皇室から流出させそうで怖いです。
        秩父宮妃のティアラや、数々の皇室伝来の女性用の宝石をお持ちであったと思います。
        こういう品を流出させないで、次世代の天皇家に伝え、守ることも宮内庁の仕事ですよ!

        23
      • それは大問題ですよね。
        あの人は、なんでも自分に都合よく改変してしまいますから、十分ありえます。
        皆で、ネット上で拡散し、今上天皇のお耳に届きますようにできないでしょうか?
        陛下から命令して頂かないと動かないと思います。

        19
  • カトリック教徒には、とても考えれない言動の数々ですが❓
    慈愛には程遠いナルシスト(自愛)
    妬み・僻み・嫉み・嫌がらせのオンパレードなのに、真逆ですよね。

    雅子皇后の御実家を創価学会やら、宮中祭祀がお嫌いだとかデマを流させて、自分への批判を交わしていたんですね❓❗
    何と、卑劣な❗❗
    完璧迄に所作を為さる雅子皇后に対して、畏れをなしたんでしょうね❗

    其れにしてもよく、クリスチャンの方が神道の皇室へ入られましたよね❓
    バッシングされなかったんですか❓
    夫君で有らせられる明仁上皇が、色々と便宜を図り、手助けされたんだと思います。
    でないと現在迄祷りを捧げる部屋が秘かに存在出来る訳が有りませんよ❗

    25
    • 美智子様は宗教が違っているのに未来の天皇=神道のトップに嫁すことを決められた。たぶん大した葛藤もなさらずに。
      それほどまでに皇太子妃という地位は魅力的に見えたのではないだろうか。結婚して直ぐに聖心女子大の人達を呼んで大パーティ。

      カトリック教徒であることを隠し続けたために香淳皇后に敵意を持たれたのならお門違い。美智子様は皇室に入られる前に、そのことを深く考え辞退すべきでした。
      美智子様は心の底から上皇を愛していらっしゃるようには見えない。むしろ御自身の野心を満たす人としか捉えてらっしゃらないような。だから今も御自身の出歩き趣味に上皇を引っ張り回していらっしゃるように見えてしまう。

      香淳皇后への深い恨みの根底に、自身の心の拠り所の宗教が絡んでいたのかとハッとしました。

      26


  • 天皇陛下とローマ法王の会合の時はまた出しゃばるのでしょうね。大好きなローマ法王ですもんね。
    ただ宮内庁は職務怠慢だと思います。二重権威にならないように注意を払うのは宮内庁の役目では?美智子さんの性格をよくご存知のはず。出歩くのは構いませんが、メディアを引き連れる事は禁止されるべきでは?何よりもお出かけより引っ越し準備をさせて下さい。

    18
    • 法王には前皇后とお会いになるのを是非拒否していただきたい。
      それが平成に日本を訪れなかった意義を貫くことになると思います。

      16
  • 僭越ながら美智子様がしてこられた事は悪魔に魂を売り渡した行為に映ります。
    神様に対する冒とくです。
    日本国の象徴としては絶対にやってはいけない事でした。
    何故ならそれにより災いを被るのは私達国民だからです。
    つい最近まで尊敬申し上げていた方だけに残念かつ悲しい気持ちで一杯です。

    23
  • ミテコが当時の明仁皇太子とのご成婚前、五反田にある洋風のご自宅に朝日新聞の佐伯晋という記者を、自宅に招き入れていたことは当時から有名でした。
    元々ミテコの御母堂との繋がりで、堂々と正田邸に出入りしていたが、白いレースのベールを頭にかけて白い洋装のミテコの写真があります。
    それも佐伯晋記者が撮影したもの。

    皇室は神道です。
    寺院にも菊の御門があることから寺社一体化は分かります。
    然し乍ら、キリスト、カトリックプロテスタントについては、聖心女子大学卒業のミテコは当然ながらキリスト教徒、当時からミテコの皇室入りを疑問視する声が上がっていたのも事実です。

    旧宮家北白川筆子さんが皇太子妃としてほぼ決まりかけていた矢先、小泉信三さんが強力に正田美智子を押し始め動いていたのは何故か?
    それも平民という民間人、そこそこ金持ち粉屋の娘だったに過ぎないミテコ、出自も後に付け加えられ如何にご優秀であるが如くが謳い文句となった。
    実際のミテコの出自は祖父の口伝えで先祖として上げた人物は存在しないようだ。
    出身地の寺の過去帳にも先祖がありません。

    古くはその出自はその家の墓のある寺院には必ずありますが、それらもみな「大嘘」で作り上げたもののようだ。
    今だから納得できるのですが、当時の雅子妃虐めの張本人!ミテコと雅子妃は同じ民間人出身でも、雅子妃は実際のサラブレッド出身であるが故のミテコの激しい嫉妬から来るものなのか?
    ミテコは金持ち出でも海外留学の経験もなく、英会話ができる程度のもので当時としてはそれでも国民の羨望の的であった事も事実です。
    雅子皇后陛下は父小和田恒さんが外交官のため海外生活も長く、行く先々での外国語は自然と身につくものですが、ご本人も父親の背中を見て育ち、当然外交官になりたいという夢を持つのは自然のことだったと思います。

    その上、好奇心旺盛、勉強家、特に外国語は将来の事を考える上で、マルチリンガルは必要不可欠であったのでしょう。
    褒めるどころか、出自も良く多言語を話し、頭脳明晰、とてつもない美形でいらしたことにミテコ自身は「敗北感」を味わったのだと思います。

    そう思うと実際の売りもの「慈愛」は演出であり国民を欺いた、悪女であったことが少しづつ国民の知ることとなり、あるコメント欄には中国の則天武后か西太后かそれに負けず劣らず恐ろしい女だと揶揄されています。
    実際はそれだけでは無いのですよね!
    ミテコの闇はもっと深いところにあり、相当なものが浮かび上がっているのが見えるのです。
    今までの皇室は令和の天皇がそれらの闇とどう立ち向かうのか、昭和天皇時代の威厳のあるものに戻して頂きたい、またそれに立ち向かっていくのにどう軌道修正されるのかまだまだこれから……容易では無いと思いますが、平成時代の悪しきものは捨てて頂きたいと切に願っています。
    古き良き昭和天皇、香淳皇后を敬愛する者です。

    23
    1
    • お怒りはわかりますが、ミテコ呼びはやめましょう
      素晴らしい文章なのに、軽んじられてはもったいない

      4
      8
      • 私も同意いたします。
        世の中にはさまざまな意見がありますので、いろいろな皇室ブログは拝見しますが、
        特にひどいのが秋篠宮家を擁護するブログだと思います。
        上皇ご夫妻、天皇ご夫妻に対する批判の気持ちがあることは分かりますが、
        ミテコだとか、マタコだとか、果てには土管に冷蔵庫…。
        よくそんな下品な表現を嬉々として書き込めるものだと思います。
        果てには天皇ご夫妻に対して、●ね!など恐ろしい言葉まで飛び出してくるほどで、
        言論の自由があるとはいえ、仮にも皇族の方々に対してよくそんなことを言えるものだと。
        (●ね!などということは、誰に対しても口にしてはいけない言葉だと思います)
        主様が当初より、崇敬の気持ちを持っての告発というスタンスである以上、
        コメント欄も最低限のマナーを遵守できればと思っております。
        以前にどなたかがコメント欄は閉鎖しても…というようなことをおっしゃっていましたが、
        どなたに対してもあまりにもひどい表現が今後もされるようであれば、
        コメント欄はなくしてもよいのではないかと思います。

        3
        11
      • 匿名11月21日 23:25さまへ
        ご指摘有難うございます。
        ミテコ : 前皇后に修正させて頂きます。

  • 嘘をつくこと。
    有るもので満足しないこと。
    美智子の所業はこの二つで要約できるでしょう。
    いずれもキリスト教では認められないことです。

    18
    1
  • 素人目に見ていても美智子さまはクリスチャンのまま皇后を演じてるって印象でした。

    これが本当なら、美智子さまが皇太子妃になるのを当時の皇族たちから反対された理由が分かる気がします。
    素行も性格も癖が強い。
    亡くなった時に最後の審判の曲をかけるなんてある種の呪いでしょう。

    と同時に、紀子さまが美智子さまにべったりだったのもなんとなく合点が行きました。
    二人とも相当変わってるもの。
    本当に、雅子さまが病むのも当たり前の環境ですね。

    24
    • 柳原白蓮女史も反対されたと聞いたことがあります。
      彼女自身、年下の革命家と駆け落ちまでして結婚したというのに、美智子様を平民ということで差別していたのかと失望しました。
      何もわかっていなかったのは私だったのですね。
      柳原白蓮様、どうもすみませんでした。

      18


  • ちょっと異論があります。
    皇室の関係者には戦前から非常にキリスト教関係者が多いですよね?
    宗派問わず。
    侍従や女官など昔の旧華族出身者は、一般社会よりも遙かにその率が高いと言われています。上流社会ほど多いんです。

    戦後間もないころ、周囲にクェーカー教徒の侍従や側近が多かったのは歴史的事実です。
    また占領中には、カトリック世界を見方につけることで皇室存続を図ったともいわれています。その方面の人脈が必要だったことはすでに定説です。
    高松宮が、眞子・佳子が裏口から入ったICU(プロテスタント)の設立に尽力したのはよく知られています。

    また、若いころの一時期キリスト教に傾倒したといわれる常陸宮も、その侍従が熱心な信者であったのは有名です。美智子さんの影響もあったかもしれないが、この侍従の影響のほうがずっと大きかったようです。

    平成の美智子皇后の女官長も、松村淑子(香淳皇后のいとこで島津家出身)、井上和子(木戸幸一の娘)、ともに敬虔なカトリック信者です。
    特に松村女官長のカトリックにはちょっと驚きますね。

    こういうことを考えると、美智子さんだけを異常視するのはちょっと違うような気もしますが。もちろん皇太子妃という立場で、キリスト教は問題でしょう。ただ、そういう環境にあったことは確かだと思います。
    むしろ今は、(華族など家柄でえらばれるのではなく)官庁から職員が来るので、そういう色合いは薄まっているのでしょう。

    実際問題、美智子さんが敬虔な信者とは思えませんしね。
    仏教であれキリスト教であれ何であれ、あのかたに、宗教心があるとは信じられません。

    13
    1
    • おっしゃるとおりなのです。
      仏教であろうと、キリスト教であろうと、根本は己の欲を離れることと感謝をする事。
      ここが、雅子様いじめをおこなった美智子様と、そういう行いをされない方々の違いです。

      20
    • 1 八百万の神の精神の中に、キリスト教がある精神
      2 神道の精神なく、キリスト教だけ認める精神

      同じキリスト教であっても全く違うと思います。
      例えば日本の仏教徒も、八百万の神々の精神の中に、仏教があるから1と融合する。
      みちこさんは、2であるように(それも都合よく極めていなく)感じます。エピソードを伺うとその様な感じかなと。

      • 浜尾さんは侍従長ではありません。
        東宮侍従さんです。
        侍従や女官がクリスチャンなのも東宮妃がクリスチャンも同じことですか。
        すごい発想ですね。

      • 濱尾さんはカトリックで洗礼名はセバスチアノです。

  • 事実だけ申し上げます。
    今は亡き美智子さんのいとこに当たる方から
    ①失声症はヒステリーからの遺伝性
    ②美智子さんの父親が入院した部屋を勝手に室内の備品を移動させ、看護師から注意を受けたにもかかわらず謝りもせず無視、備品はそのまま。
    ③礼宮は次男坊と育てられ今に至り。ルコント貸切、自由贅沢三昧。
    上記を宮内庁は知らないのならば、宮内庁の存在価値はあるのでしょうか。税金で成り立つ皇室の限度額はないのでしょうか。因みに、文科省、厚労省の研究費は限度額、明細が必要です。

    14
    • その文科省もどなたかの息がかかっているような気がします。
      学力が伴わないのに国立大の研究者になる人や、一人しか利用しない特別待遇の入学制度を国立大附属に取り入れたり。名門大学に推薦枠をつくったり。
      本来なら考えられないことばかりが文科省の管轄で近年起こっています。

      20
  • そういえば美智子さまが、上皇と同じお墓?に入りたくないと言ったのは、神道のお墓に入るもんか!という表れだったんですね!

    費用を心配するふりや上皇と一緒は恐れ多いと言いながら、見事な演技力ですこと!

    慈愛と見せかけて、やりたい放題の美智子さま・・・荷物の整理をせずに音楽鑑賞にお出かけの美智子さま。皆の拍手を浴びて恍惚の表情の美智子さま・・バカみたい!

    やはり、今上陛下に浜尾さんをつけた昭和天皇は先見の明がおありでした。
    今上陛下がいて下さるからこそ今の皇室がもっていると思います。

    23
    • ご参考に:
      濱尾実
      濱尾 実(はまお みのる、1925年6月20日 – 2006年10月25日)は、
      元東宮侍従・東宮傅育官・子爵で、教師・教育評論家・皇室解説者。
      作家としては浜尾 実(読み同じ、新字体)の名義で著書を多く残した。
      東京大学工学部応用化学科卒業。
      熱心なカトリック信者で、1946年(昭和21年)12月21日に東京の世田谷教会で受洗した。
      洗礼名はセバスチアノ。
      1945年(昭和20年)に兄・誠が戦死すると、爵位を継いで子爵となった。
      1951年(昭和26年)に東宮傅育官として皇太子明仁親王に仕え、
      その後東宮侍従となってからは浩宮徳仁親王・礼宮文仁親王兄弟の幼少時の教育に当たった。
      多忙な皇太子夫妻に代わって、親王の学校行事・面談に出席することもあった。
      浩宮・礼宮からは「オーちゃん」の愛称で慕われていた。1971年(昭和46年)に退官する。
      退官後、聖心女子学院中等科・高等科にて教鞭をとり(担当は理科)、1981年(昭和56年)に定年退職する。
      その後は教育評論家として執筆活動・講演活動を行っていた。
      妻の死後、長野県諏訪市のカトリック系高齢者住宅に移り住み、さらに同県岡谷市の聖母幼稚園園長も務めた。
      2006年(平成18年)10月26日に81歳で死去した。10月30日に麹町の聖イグナチオ教会にて葬儀が行われた。
      著書
      あすへの心(聖パウロ女子修道会、1971年)
      浩宮さまの人間教育(婦人生活社、1972年10月)

  • Dies irae(ディエス・イラエ、ディエス・イレ)とは、ラテン語で「怒りの日」を表す言葉だそうです。
    モーツァルトのレクイエムのディエス・イレは曲中も感情の高まり、怒涛の響き、激情を感じさせる名曲ですが、これを香淳皇后の鎮魂歌として繰り返し聞いていた、というのは興味深い。
    キリスト教における終末思想『怒りの日』=神に帰依しないものは地獄に落ちる、という呪いに似た思想ですので、そういう思いがあったのでしょう。

    誰しもネガティブな感情を抱くことがあります。
    香淳皇后は美智子さんの最も踏み込まれたくない、信仰の土台に踏み込んだのでしょう。
    トラの尾を踏んだわけです。
    だから気の毒なことに晩年、最大限に報復を受けてしまった。

    キリスト教(ユダヤ、イスラムもそうですが)の強みは、宗教に帰依することで、このネガティブな所業を無かったことにできる、いわばご都合主義が許されるというメリットがあります。
    どんなに香淳皇后をイジメても、礼拝して神に祈ればOK、ということであれば、人格は成長できませんね。
    いろいろ、納得いたしました。ありがとうございます。

    様々な情報から、私は美智子さんは精神年齢は8歳〰9歳前後だと思っています。
    泣きわめくのが幼児だとすると、表面的に抑制はえきるものの、非常に幼い人です。
    記事内の「ご進講」の問答も承認要求に終始していて、内容は浅く幼いですね。ネガティブな感情を持ったときても、相手に思いやりや礼を尽くすことができてこそ、成熟した大人だといえると思います。

    今後も記事に期待しております。、

    13
    • >香淳皇后は美智子さんの最も踏み込まれたくない、信仰の土台に踏み込んだのでしょう。
      トラの尾を踏んだわけです。

      先の方も指摘されておりますが、侍従や女官はキリスト教に帰依している方が少なくないようですから私はそのご推察には首をかしげざるをえません。
      美智子様は何の落ち度も無い雅子様をご病気に追い込んだり、真偽不明ですが晩年の香淳皇后様を酷いやり方でイビッたという話も聞きます。
      非難の声は耳に入っているはずなのに国民の声は雑音としか聞こえないのか、相変わらずお出かけするお姿も頻繁に報道されています。
      ご結婚前の写真を拝見するととても勝気そうに見えるので、元々そういう性格の方ではないでしょうか?

      今回「怒りの日」で検索して聞いてみましたが、ホラーやミステリー映画で度々使用される誰もが耳にした事のある曲ですね。戦闘的で猛々しくて聞いているだけで不穏な気持ちになってきます。いくら香淳皇后様に憎しみをお持ちでも亡くなられた時にこれはないんじゃないでしょうか?
      これでは成仏できません。香淳皇后様がお可哀想です。
      美智子様がこの曲を聴いているときのお顔を想像するだけで背筋が凍りつく思いです。

      17
      • >元々そういう性格の方ではないでしょうか?

        そうなのです。仏教徒でもキリスト教でも、穏やかな方もいれば攻撃的な方もいます。
        美智子様は、もともと、そういう性格の方。

        22
      • おっしゃることは、わかります。
        宮内庁といえど、憲法で保障されている信仰の自由を否定する理由はありません。
        また、同じ宗派は周波数が合いますので、それもむべなるかな、です。
        明仁さんの養育係は外人のキリスト教徒えしたしね。

        宗教が被さってくると個人の気質が見えにくくなりがちですが、宗教性と個人の資質は別に考えるべきモノです。
        たとえば、「人を呪わば穴二つ」という諺には何の宗教性もない、誰かの造語ですが、私たちは直感的にその真意を悟ります。でもその意味が分からない人もいくらでも(どの宗教でも)いると思われます。
        これが「分かる・分からない」は、いわゆる make a sense 、日本語では「あの人は能がある
        ね」なんて言いますが、モラルそのもの、生きる規範になり教えることができまん。
        まあ、私の個人的な考えですが。

  • 上皇様を利用しただけの上皇后様ですから…
    愛しても信頼してもなかったのだと思います。
    シンデレラに憧れその様に扱われたいだけに上皇様の御心を我が物にして、自分の思い通り動かして来たのだと…思います。

    15
    • 上皇様を過大評価なさっているようですが、下の者への思いやりの無さに関するエピソードも多い方ですし、美智子様とは似た者同士かと。
      (「弟宮と仲良くなさるように」という話もありましたっけ)
      礼宮にピッタリの川島紀子が寄ってきたのと同じです。

      20
      • 上皇様、別に悪い方だとは全く思いませんが、自分の意思があまり無い頼りない方だとは結婚前から言われていたようです。ヴァイニング夫人や昔の同級生あたりから。

        小泉信三らはしっかり者の美智子様を当てがったのでしょうが、ちょっと度が過ぎる方だったようですね。
        上皇も上皇后の口車に乗りすぎでしょう。オランダ静養批判やら、愛子様が来ない批判を会見でおっしゃったり。そして贅沢三昧を許されたり。

        別に離婚する必要があったとは申しませんが、ちょっとどうかなという気はします。国民にとって、また今上天皇御一家にとっては不幸なことでした。

        17
      • 前皇后は、贅沢好きだとか、キリスト教信者だとかいうこと自体がいけないというよりも、
        そうにも関わらず、自分は質素で祭祀を大事にしているとウソを書かせて賞賛させ
        一方雅子さまを贅沢だの祭祀を大事にしてないだのさんざんバッシングした、そこのところが酷い、いけない、許せないと思っています。

        よって、前天皇は、妻の贅沢好きやキリスト教信仰は止められなくても良いというか、そこはそれでも良くて
        問題なのは妻といっしょになって皇太子(当時)ご一家へのバッシングを煽り、
        秋篠宮家に男児を作らせて皇室典範改正を阻止し
        皇太子(当時)を軽んじて、できるなら廃して、秋篠宮家に皇統を渡そうとしたことがおかしいと思っています。

        悠仁さまのご誕生のタイミング、ご懐妊発表のタイミングは、なんか変でした。
        胎児の心音が確認できたら、もう即座に懐妊を発表する。
        最初から男児だと確信していたっぽい感じもあるし。
        皇室は禁じ手を使ったんじゃないのか?
        そんな疑惑はぬぐえません。

        このあたり、美智子前皇后の個人的な信仰心や贅沢好き、嫉妬深さや目立ちたがりだけでは説明がつきません。
        前天皇にも同じ体質があるのだとしか思えません。

        20
      • 上皇様は質素な印象です。贅沢エピソードを語る方もいらっしゃいますが、雅子様の学習院保護者の方との1500円ランチをバッシングする程度の次元だと思います。
        高級外車を乗る訳でも無し、ギラギラファッションをされる訳でも無し。サングラスくらい、お若い時にいいじゃありませんか。
        こういうご夫婦、いますよね、ご主人が着る服は質素でいつも同じ、奥様は全身ハイブランドで美容にもお金をかける。そして、妻が圧倒的に強く、夫は美しい妻を深く愛している。はたから見れば、「ご主人可哀想」でも、夫は十分に幸せなのです。
        さて、強すぎる贅沢妻を持った夫はどうすればよいのでしょうか。
        いくら言ったところで妻は変わらず、時間と労力の無駄と悟った。自分も酷く心身が疲労困憊する。妥協・見て見ぬ振りとなります。
        離婚は、自分は妻を深く愛しているし、3人の子供達も妻を愛している。
        離婚する必要がありません。
        国民の為の離婚といっても、国民は妻を好きである。
        平成は、これで何とか過ぎてきたのです。
        昭和は昭和の良さがありました。
        今は令和です。令和の邪魔はいけませんね。

        11


  • 美智子さんがキリスト教徒なら皇室には嫁いで来なければ良かった。
    揉め事が起きるのが解かっているのに何故だろう?
    どの宗派か分からないが、キリスト教の中でさえ全然違う解釈があったりして対立もある。
    それが他の宗教の代々続く天皇家に嫁ぐという考えが解からない。
    辞退するのが普通だと思う。キリスト教の人が神道の行事をするとは思えない。
    平成の天皇はあまり神事はやっていないと思う。全国へ出かけるのが公務のような感じだった。
    キリスト教は嘘を嫌う。「嘘つき」と言われるのをとても嫌う。嘘つきは天国へ行けないからだ。
    美智子さんは、どれほどの嘘をついてきたのだろう?
    キリスト教徒としても失格で、ただの俗人だと思う。
    欲と権力に溺れた女帝は本当に罪深い人だ。ローマ法王に会う資格もない。
    キリストと天皇は別なのに一緒と考える、その都合の良い考え方が怖い。
    自分と秋篠宮家のことしか考えず、本当に国民のことなど、どうでも良かった人なのですね。。

    18
    • >美智子さんがキリスト教徒なら皇室には嫁いで来なければ良かった。

      日本一の王子様との結婚話、自分に自信があるお嬢さんならワクワクするお話です。ご自分がキリスト教徒であっても、プリンセスになりたい!という若気の至りのお気持ちが勝ってしまわれたのです。根拠のない、若さから来る絶対的な自信でね。しかし、誰でも人生でやったことのある経験と失敗です。この点は責める気が起きません。

      >揉め事が起きるのが解かっているのに何故だろう?

      若さから起因する、根拠のない絶対的な自信で、揉め事など平気!何とかなるわ!と思われたのです。
      しかし、最愛の徳仁様への愛を見失うほど、狂ってしまわれました。
      言葉がありません。

      12
    • >キリスト教の人が神道の行事をするとは思えない。

      クリスチャンのはずの正田冨美さんの葬儀は神道式でした。
      しなくてもいいことをするのは実母譲りなのでしょう。

      10
  • 美智子様の雅子様への嫉妬心て普通の感覚では考えられません。今回の伊勢神宮の件でも馬アレルギーの為に雅子様が馬車をお使いになれないという話もおそらく当時の年より老けてみえた自分の姿と雅子様を比べられたくないからでしょう。なにせ、世間ではミテコさんとまで言われるぐらいな異常ともいえる自己顕示欲の強い方なので比べられるのが耐えられないのでしょうが
    美智子様の容姿よりその性格の悪さ、異常さのほうがずっと醜いですが、ご本人は気づいていらっしゃらないようですね。このような方が慈愛のクリスチャンだなんて、ナンセンスです。

    18
  • 「思えば昭和の時代に「美智子さまのキリスト教信仰に昭和天皇が苦言を呈された」という報道が流れることがあり、その火消しに宮内庁は必死になったが、この必死さが逆に情報の真実性を力強く裏付けてしまったというのは皮肉でしかない。」

    宮内庁の公式見解はどうなっているのでしょうか。
    公けの場で特定の宗教に肩入れする行為は完全に不可でしょうが、あくまで「私の立場」で神道以外の宗教を信仰するのは日本国憲法第20条の信教の自由に沿ったものだというような説明はなかったのですか?
    (戦後の皇室では、神道は、その他のもろもろの宗教の上位に立つものだから私として何を信仰しようがOK,という理屈をひねり出したのでは?)

    もっともあのお立場で、公と私を完全に分けられるかどうかは、また別問題です。

  • “日本で起きた災害の一覧”というサイトを見た。年代別に災害をまとめてあるのだが、平成になってから、つまり1900年代から、飛躍的に災害が多くなり被害も甚大になっている。是非一読していただきたい。
    経済も平成元年に消費税が導入され、平成3年にはバブルの崩壊。以後失われた10年を経験した。持ち直してきた矢先の平成20年にはリーマンショックに。
    またオウムの地下鉄サリンなどの悲惨な事件や事故も多発した。
    神道の総本山のともいうべき神聖な皇居の地下の奥深くに異教の礼拝堂などを作ってしまったのは八百万の神々のお怒りでは?と思うのは考え過ぎなのか。

    17
  • 美智子様がクリスチャンと聞いて 本当に残念です
    私の知人たちは よく研究 勉強するクリスチャンです
    こんな性格の悪い前皇后 美智子様がクリスチャンだなんて クリスチャンのイメージが悪くなって困ります
    少しも性格が練磨されてないじゃないですか
    神学 など学んだとはとても 思えない前皇后

    いったい 衣装代に何十億使いましたか
    住居 旅行 贅沢にどれだけの税金が当てられたことか
    貧しい人のことを 考えてほしいです

    もうすぐローマ法皇が来日されます
    現在の法皇は 宮殿には住まないなど清貧な生活を心がけているそうです
    日本は最も宣教しにくい国だそうです
    宣教も来日の目的の一つと聞きました



  • 日本最高峰の神道の、それも最古の旧家に嫁いでも、まだ信仰を捨てられないのであれば、入内のお申し出はお断りして修道女となり、修道院で一生、祈りを捧げていればいいものだったのに…、と思います。どれほど望まれても、修道女として修練の道に進むという決意を申し出れば、すぐに次の方が見つかったと思いますよ。

    11
  • この記事の礼拝所のことを、戦中生まれの親族に話したら、顔色を失っておりました。
    神道の最高峰たる日本一の旧家に、別の宗教(それも自分好みにねじ曲げた)を持ち込む嫁がいたら、平成に入ってから大きな天変地異、禍々しい事件が多かったのも、納得がいきます。
    だから上皇陛下も『平成には戦争は起きなかった』とおっしゃってたのかもしれませんね。
    ご自分のしてしまったことを、自分の中で正当化するために。
    令和の日本が、天皇皇后両陛下によって正常化され、末永く続くことを祈っています。

    16
  • 美智子様がキリスト教かぶれであることは有名ですね。
    「粉屋の娘」と並んで「耶蘇の娘」とも言われていたようです。
    しかし美智子様は本当にキリスト教を理解しているとは思えない、「なんちゃってファッションエセクリスチャン」でしかないように見えます。
    十字架、祈り、ステンドグラス、ヴェール、聖母、慈愛など、「自分を素敵に見せるアイテム」くらいにしか思ってないでしょう。自分の都合で教義の解釈も捻じ曲げているようですし。

    元々人格に〇〇がある「私が一番!」という女性が、当時の皇太子と恋愛関係になり、皇太子妃、未来の皇后になれるという環境に置かれ完全に自分を見失い、更に宗教を自分の都合に合わせて解釈したりニセモノを持ち込んで周囲の人々も神々も困らせた、というわけですね。
    「今の天皇陛下は毒親持ち」という信じられないような事実に多くの国民が気付き始めた。
    でも今の天皇陛下は早い段階で親から引き離されて特別な教育を受けたので親の影響を受けなかった。その点で昭和帝や濱尾侍従には心から感謝しかありません。
    そしてモロに親の毒を浴びた秋篠宮とサーヤはあんな感じに。秋篠宮は自己中系、サーヤは自己抑圧系で影響の受け方は極端に異なっていますが二人ともある意味毒親の被害者と言えるでしょう。

    野心があったとは言え、元々ドイツの娘だったのにロシア正教に改宗しロシア語をネイティブ並みにマスターし、身も心もロシアに染まろうとしたエカチェリーナ2世の生き方を少しは見習えよと美智子様には言いたいです。エカチェリーナは自分をロシアに合わせる生き方を選びましたが、美智子様は逆に周囲を自分に合わせさせるよう仕向けてきただけですから。

    17
  • このブログを読ませていただいて、かねてからの私の推測が正しいのではないかと確信しました。ミチコさんは多分心の中ではずっとキリスト教徒だったのだろうとは思っていましたが、まさか礼拝堂まで持っていたとは。隠れキリシタンと言うか、もう隠れてもいなかったのですね。(笑)

    私の推測がどんなものなのかは書けませんが、ヒントとなる事を書いておこうと思います。それはまず、皆さまミチコさんが絶大な力を持っている事に疑問を持たれないようですが、ほんとうに単に民間から嫁いだ人が、これほどの権力を握る事は可能でしょうか?裏に、大変な権力の存在があるのではと考えるのが妥当なのではないかと私は思います。

    また、今回ローマ法王が来日されますが、上智大学には行かれるらしいですが、ICUには行かれません。上智大学はイエズス会の設立だそうですが、ICUは1949年にアメリカと日本のキリスト教徒が設立した大学だそうです。

    ヨーロッパでは、秋家が嫌われているらしいのは歴然としていますよね。日本では、ニュースになりませんが。一体なぜでしょうか?日本人の多くが知らない事を、むしろヨーロッパの人々の方が知っていると考えるのが妥当だと思います。

    私は、日本が植民地にされなかったのは、明治維新があったからではなく、天皇家のご存在が大きいと思っています。その裏には、キリストの子孫問題が絡んでいるのではないかと推測しています。

    天皇家のご存在こそが、キリスト教の国においては、日本を一人前の国として扱うべきだという根拠になったのではないかと私は考えているのです。

    そして、もし天皇家の神道をキリスト教と同じだと言ってしまったら、外国から尊敬されるべき要素をなくしてしまうと考えています。でもそれを、ミチコさんはせっせとやっている。一体誰の後ろ盾で、誰の指令なのか?考えてみるべきではないかと思います。

    • 11月23日 22:21の 匿名希望様

      >皆さまミチコさんが絶大な力を持っている事に
      >疑問を持たれないようですが、
      >ほんとうに単に民間から嫁いだ人が、
      >これほどの権力を握る事は可能でしょうか?
      >裏に、大変な権力の存在があるのではと
      >考えるのが妥当なのではないかと私は思います。

      もう少し詳しく教えて頂きたいです。全く、見当がつかないのです。

      >私は、日本が植民地にされなかったのは、
      >明治維新があったからではなく、
      >天皇家のご存在が大きいと思っています。
      >その裏には、キリストの子孫問題が
      >絡んでいるのではないかと推測しています。

      どういうことでしょうか? 教えて頂きたいです。

      1>もし天皇家の神道をキリスト教と同じだと言ってしまったら、
      2>外国から尊敬されるべき要素をなくしてしまうと考えています。
      3>でもそれを、ミチコさんはせっせとやっている。
      4>一体誰の後ろ盾で、誰の指令なのか?

      123はわかりますが、4は誰だとお思いですか?

      詳しく教えて頂きたいです。
      どうぞ宜しくお願い致します。

    • 兄の副総理の洗礼名が、教皇と同じだと総理が話してたとか。
      信子妃とお嬢様方の確執の一つが、宗教問題ということはないんでしょうか。
      個人的には信子妃好きです。赤十字の大会での皇后陛下へと弟宮妃へのあからさまな違い。動画ありますから御覧ください。笑えます。



  • ご存じの方がいらっしゃるかもしれませんが美智子「上皇后」はお忍びで東京都某区某内のカトリック教会(多摩川東岸)に通っていらっしゃる話を某修道院神父から聞きました。話によると教会聖堂を蟻の子一匹通さない程貸切状態にして祈祷しているとか。あの方には「信心」や「敬虔」の欠片もないのですね。

    余談ですが雅子皇后の妹君お二方はカトリック信者(のよう)です。寛仁親王室信子妃もカトリック信者(兄君はカトリック信者ですが「信者」の身分を世襲したのにすぎません)ではないかと存じます。

  • ほんとうのキリスト教徒は嫁イジメをしないはず。博愛をミテコさんは、理解できないようです。正月に出てきてほくないですね。また高い服を新調して目立ちたのでしょうが、もうあの下品な猿顔は見たくありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください