個人ブログは、皇室「是々非々」実録に移転しました。本サイトは、誰でも投稿できる皇室サイトに変えていきたいと考えています。


秋篠宮家の「バイト公務」と「金銭感覚」 皇室と経済のザル関係



秋篠宮家の熱心な公務邁進は、称賛されることもあれば、批判されることもある。主に批判される場合には、「お手振り一回何百万」などというように、公務による高額な謝礼が的になっているようであるが、果たしてそんなにお金を得ているのだろうか?

宮家のことは誰にも解らない

昨日、ツイッターのほうで「皇族方の公務には高額の謝礼が生じているのは本当か?」という趣旨の質問をいただいた。実はこの回答はシンプルだ。

  • 天皇皇后両陛下ならびに内廷皇族の「公務」に謝礼は存在しない。
  • 宮家皇族の「公務」に謝礼が発生しているか否か、宮内庁には解らない。

天皇皇后両陛下の公務は100%「公」のものとされるため、謝礼は発生しない。かかる費用は全て税金から捻出され、警備など含めたら、一回公務に行くだけで相当な赤字だ。赤字を切ってでも行く価値のある所にだけ両陛下は公務に行かれるのであり、これは後述する宮家の公務とは性格が異なる。

宮家の公務には種々様々なものがあり、必ずしも100%「公」とは言い難いものも含まれる。たとえば名義貸しや、聞いたことのない法人の名誉総裁などである。名義貸しのなかには、かつては公営ギャンブルの宮杯も含まれており、多額の謝礼を受領しておきながら無申告だったことが国会で取り上げられたこともある。

なぜこのような事案が生じたのかと言えば、宮家の財政事情は宮内庁に「報告義務」があるわけではなく、宮家のみしか知り得ないブラックボックスになっているからだ。宮家が公務で金銭を受け取っていても、それを宮内庁と報告しなければそのままポケットに入ってしまう。税務署や国税局が宮家を調査中だとか、査察に入ったという話も聞かない。

「皇族方は年金が支払われるのだから公務の謝礼を受け取るべきではない」という正論を仰る方も多いだろうが、そもそも皇族に支払われる年金(皇族費)はそれほど多くはなく、宮家は自立して経済活動することが前提になっている(秋篠宮家は皇嗣となり1億3000万円)。したがって、宮家が公務などを通じて経済活動すること自体は実は正しい。だが、宮家の財政事情の管理監督については法的不備があると言わざるを得ないほどザル状態だ。

秋篠宮家の金銭感覚

このような不透明な宮家の財政事情から、「秋篠宮家はバイト公務を荒稼ぎしている」という噂が度々聞かれるが、比較的間近で見てきた者として、「秋篠宮家は贅沢好きではないが、庶民感覚からすれば破格の金持ちだ」とフォローしておきたい。

もちろん贅沢という概念自体が、皇族の方々のそれと、庶民とでは乖離がある。女性皇族がお召しになる和服は一着数百万円するし、洋装の礼服もオートクチュールであり一着100万円を超すことも珍しくない。宮家の場合、衣装代すらもすべて公費で賄えるわけではなく、私費から出さなければならない事態が多くある。

皇族に見合った品位をたもつだけでも年間相当な金額が必要になる。秋篠宮家は皇嗣となり年額1億3000万円ほどの皇族費が支払われているが、公務をこなし生活するだけでこの大半が消える。秋篠宮家は職員50人からなる組織であり、大半の職員の給料は国庫から支払われているとはいえ、何かするにも経費は馬鹿にならない。そのため皇族としての品位を保つためには、どうしてもバイト公務に頼らざるを得ない状況だ。

宮内庁にバイト公務について電話をかけたことのある方なら、おそらく電話窓口で「公務の対価・報酬はいただいておりません」といった返答が必ずあるだろう。が、実際には「お車代」などの名目で金銭を受け取っている(これは合法)。また先ほども言ったように、宮内庁は宮家の財政事情を全て把握しているわけではないため、秋篠宮家が公務で何らかの対価・報酬を受け取っていることすら本来ならば知らないのだ。

この夏、秋篠宮ご夫妻は悠仁さまを連れてブータンに「私的」旅行されたが、「私的」なものであるがゆえに、1億円以上なるであろう旅行代金は全て秋篠宮家のポケットマネーから出ている。つまり秋篠宮家はキャッシュで1億円以上の預金があり、それを海外旅行で使えるくらいの余力があるということだ。

庶民と比すれば破格に大金持ちであることは誰の目にも明らかだ。

そもそも皇族は贅沢に興味が薄い

このように秋篠宮家が破格のお金持ちであることは間違いないし、その資金源はバイト公務だ。だがこのバイト公務は法的に認められたものであり、何ら問題はない。

このような事情があっても私は秋篠宮家は贅沢好きではないと思う。というのも、蓄財しようにも世間の目が厳しすぎて、派手に使えないのだ。

そもそも皇族方は我々庶民とは桁違いのセレブなのだ。ここで一つ実体験から例をあげたい。私は現役時代にとある宮家のヨーロッパ公務に付き添った時、行く先々で(呼んでもないのに)エルメスだのグッチだののCEOが現れて、ブランド品のプレゼントが次々贈られてきたことに面食らったことがある。向こうとしても皇族方に身に着けていただいたほうが宣伝になると解っており、頼んでもいないのにやってきては置き物していくのだ。およそ二週間ほどの海外公務だったが、いただいた贈答品は大型トランク10個以上の量だ。本来ならば皇族が受け取れる贈答品には制限があるのだが、そんなことまともに守っていたら大半の贈答品を受け取り拒否しなければいけなくなる。そんな失礼なことはできないので、結局、日本に持ち帰りざるを得ない。

また日本に持ち帰っても、国民の厳しい視線があるため、解りやすいブランド品を大っぴらに使うことは憚られる。結局、いただいたブランド品はそのまま倉庫に死蔵されるのだ。

時折、女性皇族が海外ブランドのストールやらバッグを持っていたとかで騒がれることがあるが、おそらくその女性皇族はそのブランドが好きで買って持っているわけではなく、たまたま家のそこらへんにあったものであったり、大切な知人からもらったものであったりするパターンがほとんどではないかと思う。

かつて女性週刊誌で、美智子さまと紀子さまのファッションについて、海外ブランドが少なく、日本の象徴にふさわしい質素があるというようなアゲ記事があったが、お二人とも倉庫には死ぬほどブランド品の山が積まれているが、世論を気にして使わないだけだ。私はせっかくいただいたものだし使ってもよいと思うのだが、それでは海外ブランドの宣伝を皇族がしてしまうことになるので、判断が難しい。

秋篠宮家は内定皇族として扱うべきではないのか…

話が脱線し、脱線したままこの記事も終わってしまいそうだが、最後に、秋篠宮家の財政のあり方について私見を述べさせていただきたい。

秋篠宮家はバイト公務を多くこなして、庶民からすれば破格の金持ちであることは事実だ。だがこれは職員50人の「秋篠宮家」という宮家を維持するための「労働」であり、法律的に認められている行為だ。秋篠宮家は収入も多いが支出も多く、破格の贅沢ができる環境にはないように思える。また、眞子さまと佳子さまは庶民感覚が大変強いが、秋篠宮殿下と紀子さまはそこまで贅沢好きという性格ではないように拝察する。

また秋篠宮家の今後の財政については、悠仁さまには皇太子と同等の教育を施す必要があり、これにもお金がかかる。先のブータン旅行で1億円以上かかっていることからもお解りいただけるだろう。

このように秋篠宮家は立場が重くなるとともに、支出も多くなることが確実である。とりわけ悠仁さまの教育には万全を期したいというのが宮内庁の願いだ。そのため、悠仁さまがお生まれになった際と、御代替わりに伴い皇嗣になられることが決定した際に、秋篠宮家を「宮家」ではなく「内定皇族」として扱うべきではないかと秋篠宮家に打診した。

内定皇族となれば、悠仁さまの教育代などは全て公費から捻出されるため、秋篠宮家にのしかかる財政負担は一気に取り除かれる。

だが、この宮内庁の打診を、秋篠宮家は断り、宮家として自立していく道を選んだ。理由は定かではないが「これまで自由気ままに生きてきたのだから、今さら宮内庁が私生活にまで干渉する生活はお嫌なのだろう」というのがもっぱらの評判だ。どうも秋篠宮殿下はこの件を含め将来に対して乗り気ではないのだ。帝王学を受けていないという理由から「皇太弟」 という伝統的な敬称を辞退され、年老いてからの即位にも否定的な発言をされた。これらの現象は全てリンクしていると思う。

だが、私は秋篠宮殿下の判断は良くなかったと思う。秋篠宮家は内定皇族になるべきだった。これを断った結果、秋篠宮殿下と宮内庁の溝は深まったし、小室圭問題などについてもお互い協力し合って解決していくという機運がそがれた。

秋篠宮殿下が勇気ある「破談」の宣言を誕生日にされることを祈ってやまない。



46 件のコメント

  • > そもそも皇族は贅沢に興味が薄い

    とのことですが、自分が知るとある旧宮家のご子孫は、なんだかわからないけどお金が足りないようなのですよね。ご家族全員きちんとしたご職業をお持ちですが、ご長男は副業で中国元の両替商をしてますし。(あ、どなたかわかってしまったでしょうか。)

    「見合った品位をたもつ」程度なら十分な収入を得ているはずなのに。ご家族のうち、会社員で(歴史ある有名企業ですけど)きちんと生活してらっしゃる方もいるのに、一方で何にそんなにお金が必要なのか、とても疑問です。(品位に見合った以上の生活をしてるんですね、多分…)

    31
  • 直系でもない秋篠宮家が「内廷皇族」になるのはおかしいと思います。皇位継承の議論で女性・女系天皇も認められるかもしれないのに、その芽を摘んでしまいます。「内廷」でなくともまあ一応継承順位暫定一位ではあるので宮内庁が手綱を引き締める必要はあるかとは思いますが。特権は享受し、束縛は嫌がる秋篠宮家の姿があらわになりましたね。「皇太弟」は拒否したといいますが「皇嗣」は辞退してません。秋篠宮は皇位に色気はあるんじゃないですかやっぱり。

    44
    3
  • > 50人からなる職員を効率的に動かし生活するだけでこの大半が消える。

    公務員に秋篠宮家は給料を払うことはありません
    ボランティアで草取りの学生さんにお茶の一杯も出ない家なのに何のお金がかかるのですか?

    >秋篠宮殿下と紀子さまはそこまで贅沢好きという性格ではないように拝察する。

    秘奥義礼女のお印入れた毛皮のコートを業者負担で献上させたり、悠仁産んでからは10枚毛皮のコートを買ったらしいですよ
    軽井沢に別荘を舅に買ってもらってカーテン代だけで3000万
    どこが贅沢好きじゃないんですか?

    >悠仁さまには皇太子と同等の教育を施す必要があり、これにもお金がかかる。

    ブータン旅行が帝王学なんですか?
    干し肉食べて観光客用のロバに乗って虚な目をして登山が必要な帝王学ですか?

    65
    6
    • その別荘川島家のものだと聞いたことがあるのですが。
      また、カーテンは毎年交換してるとも言われています。
      本当のところ、名義は誰になっているのでしょう。

      48
      2


  • 秋篠宮殿下は悠仁親王に教育係をつけないのは、宮内庁による干渉を受けたくないのと、悠仁親王に教育係をつけられない事情があるのでは?と思ってしまいますね。
    ということは、悠仁親王の報道規制の理由を宮内庁は存じ上げずに、言われるままに宮内庁は報道規制を設けたということですか?

    48
    4
  • 内定皇族を拒否したり、干渉を嫌がるのは触れられたくない重大な隠し事があるのではと疑ってしまいます。

    53
    4
  • >実際には「お車代」などの名目で金銭を受け取っている(これは合法)

    ギャランティは発生していなくても、お車代は出ているということは聞いていました。
    その額は、一般社会ではありえない金額だそうですが、合法ということは、非課税なのでしょうか。(現金でポケットからポケットへ…でしょうから、金額が不明で課税もできないでしょうけど)
    皇族には納税の義務がないということですから、いくら受け取っても構わないということなのでしょうか。

    44
    2
  • 摂政(天皇の代理)でもないのに皇太子の代理のような皇嗣への待遇が皇族費の3倍ということ自体理解不能です
    ただ、3倍という数字高いか安いかをおいておき、皇嗣として皇太子の位を意識した金額が提示されたならば
    内廷に入らないにしてもバイト先は全て手放すのが当然であると思います
    後を継ぐ者がいないから、多忙だからと皇太子の重要公務を一部信子さまにまわしてしまうところで秋篠宮殿下の決意のほどが見てとれた次第です
    ご多忙の筈が今年の四月に新たに畜産関係の名誉総裁をお引き受けになったのも

    40
    2


  • 山下晋司とゆう元宮内庁職員がいます。
    昨今テレビに出演しまくっている人です。

    この山下さんは事あるごとに「秋篠宮家には親王が2人もいる。職員も予算も足りないから増やすべきです。」と発言し続けていました。

    小内さんの言葉が正しいとして。
    秋篠宮家の方々が贅沢に興味が無いのなら、ある中で遣り繰りするはずでは?
    もしくは黙って車代付き公務をすれば良いのでは?

    秋篠宮家は本当に困窮しているとしても、元宮内庁職員にあのように言われ続けることに羞恥心を感じないのでしょうか?
    それとも秋篠宮家は山下晋司さんの発言を全くご存知ない? そんなことあるのでしょうか?
    秋篠宮家はマスコミと懇意なのは証拠写真などあります。
    でも、増改築費用が大嘗祭費用よりはるかに高いのに、それはどこも取り上げない。
    おかしいです。おかしすぎます。

    申し訳ないけれど、秋篠宮家が贅沢に興味ないとは思えません。

    56
    3
  • 秋篠宮邸のリフォームに30億以上が費やされるとか現在の仮住まいでさえ10億円とか聞いたような。何故そこまで秋篠宮家にそれほどの費用が使われるのか不思議です
    皇族費も今上陛下夫妻より秋篠宮家の使用分が多いとか、ただの一宮家で何故なのでしょうか
    それ以上に、川島家が紀子さん入内後、別荘を購入とか2000万円のカーテン購入とか、秋篠宮家の皇族費が川島家に流れているような
    秋篠宮家は皇族費という名の税金の用途を明らかにするべきです。

    50
    2
  • 摂政(天皇の代理)でもないのに皇族費3倍という皇嗣(皇太子の代理)の報酬にそもそも疑問を持っておりますが、その数字の高い低いは置いておくにしても皇太子という位を意識しての金額なのでしょうから
    秋篠宮殿下は一切のバイト公務を手放すべきでした
    それなのに「後を継ぐ者がいないから」「多忙だから」と理由を付けて名誉総裁職の公務は続け
    皇太子の公務の一部を信子さまにまわしてしまわれました
    秋篠宮殿下の決意の程がうかがい知れるというものです
    しかも多忙の筈の今年の4月に新たに畜産関係の名誉総裁に就かれました
    皇太子の公務を軽んずるばかりでなく陛下をも愚弄するような振る舞いに苛立ちをおぼえました
    要するに「国民」と「報酬」を天秤にかけたらほぼ報酬の方に食いつく御方なのだなと思った次第です

    新しく宮内庁から配属された職員は秋篠宮家からお給料が出るのではなく普通に公務員として給料を貰っていると思ったのですが
    それはちがうのでしょうか

    31
    2
    • 職員は公費、公務や行事で動くときも公費、いったい何がどこに消えるのでしょうか。
      平成の間、皇太子ご一家に回る金額は、3倍になった秋篠宮1人の皇族費よりずっと少なかったですよね。

      34
      2
  • 秋篠宮家のバイト公務がお車代として受け取る事が問題ないという事ですが、紀子様のご実家家族が宮邸に住み着いている事は問題ではないのでしょうか?秋篠宮家自体も問題を抱えていますが、川島家の皇室利用の噂が本当であればもっと大きな問題です。

    45
    3
    • 14:14分さま
      家族のメンバーが由緒ある家、資産家に嫁ぐとアメーバのようにその家族が住み着いて増殖してくるというのはあちらの方には多いようです。特に紀子さんの嫁ぎ先は皇室ですものね。
      それが目的で紀子さんはストーカーごとく秋篠宮にロックオンしていたのですから。
      悠仁君を何とかショウライ天皇にと紀子さんは自棄になっているそうですが、BZ系がその後ろにいて推しているのでしょうが
      それにしても川島家(あえて改名前を使いますが)が宮廷に住み着いていることは問題でしょう、なぜ宮内庁または政府も放置しているのですか、何か秋篠宮一家は本当に問題の多い宮家です。

      44
      2


  • 佳子様がLEXUSだか高級車にお乗りで、天皇御一家の(小室圭が乗り込んだ)ワンボックスカーはさほど高級車じゃなかったような。LEXUSはトヨタからのプレゼントですかね。佳子様の高級バッグや高級時計はプレゼントを倉庫から引っ張り出して使っているということなんだなと分かりましたが。

    宮内庁の公務員は給料以外にも宮家から特別手当てを出さないといけないわけですね。例えば海外旅行の下見とか同行とか? 国内公務に於いても然りの? お車代貰いに行って、そのための支出を公務扱いで賄っているというわけですね。

    単なる宮家であれば、それでも良かったのでしょうが、将来の天皇が二人いる宮家が営利的な活動をしているのは誤解を招きますね。

    そもそも、そこまで自由が欲しいのに40歳になって子作りして男児を生んだのも不思議です。ほぼ女性天皇に決まりかけていたのに。

    ところでなんで今まで悠仁様に教育係もつけずに天皇としての教育も施さず、国立の女子大附属に入れられたんですかね。本気で天皇を育てる気持ちがないためか、はたまた悠仁様にそういう教育を受ける能力が無いのか。後者のほうが信憑性がありますが、これとて宮内庁は何も把握していないのでしょうね。

    皇族自身に自覚や自制心があれば良いが、それが無いのに宮内庁も放置で、もう皇室内部は無茶苦茶になっていませんか。
    だからこそ、雅子様は長く苦し間れる事態になったんでしょう。イジメみたいなのも横行していたようですし。

    上皇両陛下は完全引退なさって、報道はお控えいただきたい。秋篠宮は男系死守したいようだが、やっていることは矛盾だらけ。あそこに皇統が移るのは疑問しかありません。一宮家で良かったのに。

    46
    3
  • バイト公務は合法なのですか?驚きです。宮内庁が公式には「公務で謝礼は発生してません」という風に言ってるのに内廷はもらえずその他宮家はもらってもokなんて腑に落ちません。まあ国から支給される「内廷費」と「皇族費」の間に差があるから仕方がない、というなら、天皇皇后両陛下がお勤めになる「無報酬の公務」と宮家の「謝礼がもらえる公務」は性質がまったく別物なのではないでしょうか。謝礼もらってるなら「公務」とは言えないのでは?ただの宮家の私的経済活動ですよね。長年「たくさん公務をやる立派な秋篠宮家」「それに引き換え公務をしない雅子妃」などというバッシングを見てきた国民としては腹立たしい限りです。
    ここで一つ質問なのですが、「宮家が報酬をもらってるかもしれない公務」でも一応宮内庁を通して依頼が来るのですか?それとも宮家が宮内庁を通さず独断で直接引き受けてしまう、といったことなどはないのでしょうか?

    30
    3
    • なるほど。
      これからは謝礼(お車代等、お金の受け取りの発生するもの)無しの業務を「公務」、謝礼の発生する業務を「私的経済活動」と公式発表して欲しいですね。

      39
      2
      • 賛成です。
        なんでもかんでも「公務」とするから際限なく公務が増えてきたのだと思います。
        私的経済活動を「公務」としてしまうと、どれだけ宮家があっても足りません。
        宮家の私的経済活動に、一定の歯止めをかける権利は宮内庁にはあると思います。
        宮家が、私的経済活動を好き放題に出来るのも、
        宮内庁の職員や警護の方々のサポートがあってこそですから。

        35
        1
  • そういえば久子様の海外に行かれるケースで、相手方から御招待もあり公務に見えるのに公務でなく、秋篠宮一家の海外渡航が押し掛けのように見えるのに公務だったりとか、基準が国民にはいまいち分かりにくいです。

    41
    • 宮内庁を通すと本来の招待客が何故か訪問できていないのですよ。
      最近ではオーストリア。平成ではフランス(二回ありましたね)、ベルギー等。
      そういったことを避けるために相手国が宮内庁を通さず直接招待すると、私的訪問となり、費用は全額若しくはほとんどが自己負担。
      また、宮内庁を通した招待客の訪問なら相手国持ちですが、そうでなければ押し掛け同様日本が全額負担。
      平成の皇太子御夫妻への海外からの招待は、後半のオランダ、トンガを除くとある時期から別の宮家や平成夫婦の訪問か、当時の皇太子殿下のみの訪問となっています。

      25
  • 皇太弟や内廷皇族となることを拒否したとか辞退したとかいうことですが、そういうことは本来的に、皇族方の個人的な意向でしてもよいものなのでしょうか?
    前天皇の退位も、本人は直接的に言えないから、周りがその意を汲んで話を進めたという形になっていますが、結局はご本人の意向ありきですよね。
    なんだかいろんなことがなぁなぁになってきているようで非常に怖いのですが。

    29
    1
    • はっきりいうタイプの宮家・・・

      このはっきりと宮内庁に言うのは、様々な事柄があると思いますが、主に秋篠宮本人ですか?きこさん?それとも職員ですか?
      そして宮内庁がはっきりと言われたまま、押し通され、結局秋篠宮家の希望通りになるのですか?皇位継承券(!)が2枚ある方が強いのでしょうか?

      大嘗祭の身の丈発言は、秋篠宮本人でしょうが、ご自分の住まいのリフォームにそれ以上の費用をかけているとは少しも思わない、いや考えられないほど馬鹿なのでしょうか?

      33
      1


  • よく言われている清水建設が美智子様と懇意にしているという話
    秋篠宮邸のリフォームもいつのまにか、初めの予算より10億追加になったそうですが、その10億分は清水へのキックバックではと言われていますが、どうなんでしょう
    ちなみに清水建設は北〇鮮とズブズブだそうですがそれも本当なのですか?どれもこれも税金からですよ!これかなりの事案ですが宮内庁もまた放置ですか? 

    36
    3
  • 内廷皇族と宮家では公務の性質が違うということは、さんざん雅子さまが叩かれていた「療養中の雅子さまの代わりに紀子さまが公務をやっているから激務!」って話も間違いってことですよね?
    今まで、皇族の公務にさほど関心がなかったので内容まで見ることがありませんでしたが、ここ数か月の秋篠宮家の公務とやらを見ても、とても国民の為になるとか秋篠宮家の方でないとならない公務はほとんど無いように思います。
    表現が悪いかもしれませんが、個人的に興味があるものか客寄せパンダ的な鑑賞などなど。名誉総裁もそうですが、秋篠宮の名前を利用して甘い蜜を吸いたい輩の巣窟にしか見えません。
    女性宮家云々もニュースになっていますが、本当に必要な公務に絞れば宮家を増やす必要もないかと。
    宮家も含めて皇族はすべて税金で生活し、他からの収入を得てはならない。決められたお金の中でそれこそ身の丈に合った生活をすればいいのに。皇族といえど質素倹約を心掛ける、それが今の時代に合った国民に寄り添う皇室だと思います。

    36
    1
  • 記事の更新ありがとうございます。
    結局は宮内庁は、それぞれの宮家の懐事情はわからないという,前とか同じ結果になってしまいましたが、秋篠宮家が1 億円という現金を出せるだけお金持ちだということはわかりました、
    秋篠宮が総裁をしている団体に、紀子妃の実家のメンバーが理事をしていたり,小室さんの勤め先の奥野法律事務所があったりと、誤解(ではない可能性のある)を招く形が多く,宮内庁で規制をするべきかと思います。
    また高円宮妃久子様が、非公式でヨーロッパの王室の結婚式に招かれたりして,日本にとって重要な外交の一端を担っていらっしゃいますが、非公式だと久子様には何も補助が無く,赤字という事でしょうか?

    今回の記事とは別に,天皇家と上皇夫妻がどのようにして内廷費を分け合っているのか、一度是非伺ってみたいです。
    よろしくお願いいたします。

    27
    1


  • 宮内庁の職員の方々は、日々皇族方に直に接して、男系男子とはいえ、これだけ問題のある秋篠宮家に本当に皇統を移したいとお考えなのでしょうか?小内様のように、愛子さまに天皇になっていただきたいと思っていらっしゃる職員の方はいらっしゃるのでしょうか?
    それから、昭和天皇は秋篠宮に皇統を絶対に移してはならない旨の発言をされたとか、上皇夫妻が愛子を天皇にとおっしゃったとか、秋篠宮家に皇統を移すために生前退位されたのだとか、巷では様々な説がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?特に上皇ご夫妻の真意を知りたいです。

    26
    1
  • ブログ主様である小内様を責めるつもりではないのですが…。

    皇族が海外ブランドものを持つこと自体に特に問題がないのであれば、平成時代に雅子様や敬宮様が海外ブランド品を持たれたことが世間から執拗に大バッシングを受けた際、小内さまのような宮内庁関係者の皆さんがもっと早い段階で雅子様や敬宮様をかばうような言動をしてくれてもよかったのに…と残念に思います。私たちはあの当時の一方的なひどいバッシングを知っているからこそ、今になって「秋篠宮家がブランド品を使っても別に問題にはならない」のように言われてもやはり納得はできません。雅子様や敬宮様があれだけ叩かれてきたからこそ、我々も秋篠宮のBMW運転や佳子様のシャネルスーツ着用、紀子様の毛皮フリークぶりを批判的な目で見たくなるのです。

    そして宮家のバイト公務ですが、戦後、税金で生活保障をするのは原則として天皇と内廷皇族のみにとどまり、外廷皇族はより一般国民の生活に近くなるように、基本的に自ら働いて生活の糧を得なければならないという方針になったと何かで読んだことがあります。
    だから宮家の皆様が生活のために謝礼公務をすることはむしろ戦後の方針に沿ってはいると思うのですが、それなら莫大な額の皇族費なんて必要ありませんよね?
    秋篠宮家が皇族費をほとんど貰わず自ら自力で稼いで生活の糧を得ているなら理解できますが、実際はバイト公務をしつつ莫大な額の皇族費もシレッと得ている。秋篠宮に関してはなぜか「摂政」待遇の1億円以上の皇族費です。これでは戦後の「宮家は一般国民の生活に近づき自ら報酬を得て生活を支えなさい」という方針に沿わないことになりませんか?
    秋篠宮家がほかの宮家と違って「がめつく」見えてしまうのは「謝礼公務も皇族費もどっちも高額がほしい」という欲が透けて見えるからですよ。

    また、一つ疑問に感じたのは、仮に秋篠宮家が内廷皇族になった場合、法に定められた内廷費3億2400万円を、天皇ご一家3名、上皇夫妻、秋篠宮家5人の10人で分けるという予定だったのですか?いくら何でもこれは無理があり過ぎませんか。それとも秋篠宮家を内廷扱いにした場合は3億2400万円という額のアップの法改正をする予定だったのでしょうか。

    いずれにせよ、秋篠宮家の金銭感覚は我々庶民とはかけ離れているとしか思えませんし、秋篠宮が謝礼公務を優先させて皇太子の公務を全て引き継がずに一部を現両陛下や信子様にさせている事実は消えません。

    36
    1
    • 22:00様がおっしゃる宮内庁が正せない力をどうしたら阻止できるのでしょう。
      日本の未来のために知恵をお貸しくださる方を期待しているのです。

      23
      1
    • 要は「これはあまりにも…」と宮内庁の職員が思っても、それを正せない力が背景で動いているということではないでしょうか。
      当時はさまざまな事情があったかと思いますが、今になって民間から初のお妃を迎える時に大きな反対があったことが、理解できるような気がします。昭和天皇が川島紀子さんに反対されたというのも同様です。
      雅子皇后陛下が即位に伴う儀式を問題なくこなしたこと対しに、「皇太子妃の時は仮病だった」とのバッシングが一部で起こっていますが、抗えない力に対してそうせざるを得なかった心の苦しみが見えてきたような気がします。非力な自分が守るべきものは、陛下と愛子様のことだ決心されたことが。

      31
      1
    • 宮内庁が別のことで機能しているわけですね。国家公務員が働く場所であるにも関わらず。だからいつまでたっても引っ越しが完了しない。

      26
  • 小内様
    なんとなく貴方のブログは秋篠宮擁護のように思えます。もしかして秋篠宮信者と言われる方がいかにも秋篠宮家、上皇負債の真実を明らかにしてくれる人が現れたかとある種期待をしましたが読んでいるうちに違和感を感じ始めました。
    世間から嫌われている秋篠宮家を何とかソフトランディングして立皇嗣にリードしていこうという策略のような??

    都合の悪いコメントは掲載されていないし

    12
    1
    • まだおやめになって、時間的に短い場合は今まで敬意を持って仕事をしなければいけなかったのですから、簡単に軽蔑まではいかないのではないでしょうか。それに身バレしやすい立場でもあるのですから、慎重になられても仕方ないと思います。

      7
      1
    • 自分も、こちらの記事を読んで同じ感想を持ちました。
      お若い頃から、宮内庁にお勤めだと、我々一般庶民と価値観、道徳観がかけ離れていても無理はないでしょうけど、この記事には首を傾げてしまうことが多すぎます。
      お名前を記載しての皇室関係ブログを、元宮内庁職員の方が身の危険を冒してまで、やる理由が、うさん臭い様が書かれている他にはないですもんね。

      7
      1
    • 尊崇は、正しく律して生きていらっしゃる方に抱くものだと思います。
      他人を貶めたり不幸にする方には通常抱けない感情。
      なのに抱ける世界は、歪んでいるように感じます。
      だから正しくはならない。

      申し訳ありません。
      小内様に対して失礼できつい発言かもしれません。

      6
      1
  • 承子女王はレディディオールのバッグをお持ちです。でも批判はないと思われます。
    雅子様は勇気を持ってレディディオールのバッグをお使いいただきたいです。
    バッシングがあれば全力でお守りいたします。
    おしゃれは髪型から靴やバッグをおしゃれにしてこそ洋服が引き立ち
    さらにご本人の知性や気品を引き立てます。
    【世界から注目】される皇后陛下は世界におしゃれやトレンドを発信できる唯一の皇族です。
    宮内庁もこのあたりのソフト面を十分に理解していただきたいと思います。
    紀子様もお持ちのブランドの洋服やバッグをお持ちいただきたいです。

    5
    3
    • >【世界から注目】される皇后陛下は世界におしゃれやトレンドを発信できる唯一の皇族です。
      >宮内庁もこのあたりのソフト面を十分に理解していただきたいと思います

      この考え方はすでに上皇后の美智子さまがずっと実践されていました。
      日本独特のぼかし染めの生地や豪華な刺繍。
      職人さんが何年もかけて作り上げる晩品を、お金に糸目をつけず集め、
      惜し気もなく使って仕立てた着物やドレスは、
      他の皇族方と比べようもないレベル違いの物ばかりでした。

      それを、贅沢・着道楽と言われて、多分、上皇后さまは今頃憤慨されているかも・笑
      日本の文化や、埋もれてしまいそうな高度な日本の職人技を、
      海外に紹介し、今日までつなげて来たのは自分がいたからこそと思われていることでしょう。

      が、それは上皇后のお考え。
      雅子様には、海外ブランドも積極的に取り入れて頂くのも良いと思います。
      国産ブランドだけにこだわらなくても、国民は雅子様なら納得するでしょう。

      10
      1
  • 昭和の宮家は経済的に困窮していて、公務に謝礼が発生していたのは多少やむを得ない部分もあります。
    特に三笠宮家はお気の毒なほどお手許が苦しく、百合子さまは大変な苦労をされました。
    ただ現在の秋篠宮家は皇族費もかなり受け取っていますし、総裁職にも就いていますしバイト公務がそんなに必要とも思えないのですけど。
    自治体が主催するイベントなら、謝礼もまた税金からの支出です。
    とにかく平成のように「公務をたくさんこなされる秋篠宮家はご立派」みたいな報道は明らかに間違いですし、おかしいと思います。

    30
    1


  • 東京は皇族が来て100年ちょっとだけど、京都は長年付き合っていたので皇族(お公家さん)に対する感覚が違うそうですね。
    お公家さんは貧乏慣れしているくせに見栄っ張りで、庶民と金銭感覚がもとから合わない。
    貢物に慣れているから、高価な貰い物に喜びも自慢もしない。お金については、やり繰りという財政管理は「野暮」だそうで、庶民の懐事情など知ったこっちゃないでしょう。
    秋篠宮家の感覚はお公家さんそのもので、判断基準がずれているように私たちが感じるのは、むしろお公家さんとして正統派なのかな、と思います。
    (良い悪いという次元の話では無く、伝統的にそうなのだ、ということ)

    6
    1
  • 秋篠宮の健康状態は実際にどうなんでしょうか?
    公務や儀式のときに髪が乱れ、顔色のよくない様子も見られますが。

    10
  • なんか秋篠宮様のお住いの改築にお金がかかったことに対する批判が多いように思いますが、あそこは庶民で言うマイホームではなくいわば宮内庁の管理する国の建物で個人の所有物ではないのですから国の決めた予算が多かったというだけではないですか?
    そんな気軽に「内装に3億くらいかけて欲しい」とか個人の希望の通る世界ではないと思うのですが…。
    お着物やドレスなどでも良いものを誂えられれば贅沢だと言われ、かと思えば安っぽいとか品がないとか叩かれて大変だと思います。
    雅子様といい秋篠宮家といい、皇室関連のバッシングはどこかのブログのコメントだの掲示板だのでどうだというタレコミがあったとか、さる皇室関係者とかとある皇室ジャーナリストが語ったとか元を正せば伝聞・憶測でのバッシングが多すぎるように感じます。

    2
    4
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください